治りにくい「大人ニキビ」を防ぐスキンケア&食事法3つ

初夏から夏にかけて汗や皮脂が多くなり、吹き出物ができやすくなります。大人ニキビともいわれますが、一度できるとなかなか治りにくく、跡が残ってシミになったりする、やっかいなものです。

今回は、そんな夏にできやすい大人ニキビを防ぐポイントを、メイク、スキンケア、食事法から見ていきたいと思います。

 

(1)皮脂対策でサラサラ肌を保つ

夏は皮脂分泌が冬の2倍ともいわれており、肌の上では皮脂が過剰になりがち。それに加えて、汗やエアコン、紫外線で肌の水分が奪われる傾向にあります。皮脂が毛穴に詰まると、吹き出物が誘発されます。

夏場のベースメイクで、メイクを崩れないようにする皮脂対策は吹き出物の予防にもなります。油分の少ないファンデーションにし、ニキビができやすいゾーンだけでも皮脂を吸収するプレストパウダーを朝のメイク時にのせておきます。肌をサラサラに保つことでニキビ予防を。

(2)油分をカットした保湿を中心に

何かと水分が奪われやすい夏の肌。汗をかくからと何度も洗顔したり、べたつくからと化粧水だけで終わらせたりすると、ニキビのもとに。乾燥を補うように夏でも保湿・保水を中心にスキンケアしていきます。

ニキビができている箇所には、油分の多いクリームはアクネ菌の栄養になってしまうのでNG。ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液などで保湿します。さらっとしていますが、肌を柔らかくして、乾燥を防いでくれます。

保湿以外には、皮脂や角質のケアもポイントです。余分な角質がたまりターンオーバーが乱れると大人ニキビの原因になるので、優しいピーリング石けんを使ったり、クレイパックをするのもおすすめです。

>> 美容=保湿!? 赤ちゃんのように潤う肌を保つ秘訣とは

 

(3)ホルモンバランスを崩さない

そもそも、大人ニキビは思春期とはちがって、ホルモンバランスなど内的な要因が大きく影響します。夏は皮脂のほかに、ホルモンバランスが崩れたり、暑さによる食欲不振、疲労なども引き金になります。

まずは、良質な睡眠を取ること。サマータイムで朝早く起きる人は夜早めに寝て、睡眠時間を確保しましょう。夜更かしはホルモンバランスを崩す原因になります。

そして、アイスなどの甘いもの、辛いもの、アルコール、カフェインの摂りすぎは厳禁。ニキビが悪化してしまいます。

image-2

 

繰り返し同じ場所にできている大人ニキビを放っておく、大きくなるまでニキビをケアしない、膿んだニキビをつぶす……こういったことをついしてしまいがちですが、ともすればニキビ跡になってしまうこともあるので要注意です。

 

ニキビ跡は自然に治るものではないので、シミになったりクレーターになったりして肌に残ります。ニキビができてしまったら、上記のように対処しつつ、悪化させる前にニキビ専用のコスメや皮膚科を受診することも考えましょう。

 

【関連記事】

放置はダメ! 治りにくい「首周りのニキビ」原因と対処法4つ

内側からケア!「乾燥ニキビ」の原因とオススメの食材とは?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。