美白になりたい! シミの原因になる間違ったスキンケア3つ

女性にとって、シミ対策美白ケアは、スキンケアの中でも最も力を入れたいもののひとつ。しかし、熱心になるあまり気づかないうちに間違ったスキンケアやアイテムを取り入れてしまっていませんか? 出来てしまったシミを悪化させると、なかなかもとに戻せなくなるため、絶対に避けたいところ。

今回は、シミにつながる間違ったスキンケア&正しい美白ケア方法についてご紹介します。

 

(1)メイク落とし・洗顔で肌を傷つけてない?

お肌のダメージにつながりやすい、スキンケアの間違いで最も多いといえるのが、メイク落としと洗顔を念入りにしすぎて肌を傷つけてしまうことです。そもそも、お肌にとって摩擦シミの原因となる大敵。肌表面のバリア層を崩壊してしまい、外部からの刺激が肌の中に入りやすくなってしまうため、そのダメージによってシミのもとであるメラニンが多量に作られることにつながります。

メイク落としを使う際は、メイクをなじませて落とすのに充分なクッションとなる量を使い、肌の上を滑らせるようにします。アイメイクなど濃い部分はポイントメイク落としを活用し、力を入れずにコットンなどで落とします。

洗顔の際も、充分な量のクリーミーな泡を立てて、クリームを肌の上で転がすようにして洗います。指が肌に触れないのを感じるくらいがベストです。すすぎ残しは、吹き出物などの肌トラブルに繋がりシミの原因にもなりやすいので、顎のラインやこめかみなども入念に洗い流しましょう。

 

シミ対策2

 

(2)化粧水や美容液の擦り込み、叩き込みは×

寒いときや乾燥した肌の状態では、なかなか化粧水やクリーム等も浸透しにくいものです。だからといって化粧水を手のひらでパンパン叩き込んだり、コットンでゴシゴシしては絶対にNG。念入りにお手入れをと思って美容液やクリームを力任せに擦り込むのも、お肌の刺激にしかならずシミの原因につながるので避けてください。

お手入れの際は、手のひらの温かさを利用しながら、化粧水は3回ほどに小分けして、美容液やクリームはハンドプレス(もしくはフィンガープレス)で浸透させると、より効果的に肌になじませることができます。実際この方法のほうがスムーズに肌になじみ、化粧品の効果も期待できるようです。

>> 化粧水・美容液のつけ方! パッティングとハンドプレスについて

(3)シミには美白美容液だけでいい、も×

スキンケアに熱心な方でも意外と間違いやすいのが、シミ対策には美白美容液やクリーム等のスペシャルケアが命と思われているところ。しかし、実は継続的なスキンケアで一番大切にしたいのは保湿紫外線対策

紫外線は、冬でも雨の日でも一年中ずっと私たちの肌に降り注いでいます。夏を過ぎたからといって紫外線対策をしていなければ、肌へのダメージが蓄積してシミの原因につながってしまいます。日焼け止めをお手入れに加えるのが面倒、という方は、化粧下地に紫外線カットがあるものやBBクリームなどを活用して、常に日焼け止め効果のあるアイテムを使用するようにしましょう。

また、スキンケアの基本であり、シミ対策としても大変重要な保湿ケアもお忘れなく。保湿ケアを怠ってしまうと、肌のバリア機能が正常に機能せず、外部からのダメージを受けやすくなるだけでなく、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)が低下してメラニンを肌の外に追い出すことが出来ず、蓄積してシミになってしまいます。まずは、保湿ケアでしっかり肌にとって基本的に必要な成分を与えて土台を整えてから、美白ケアのアイテムを活用しましょう。

 

シミ対策3

せっかく美白のために様々な美容法や高価なアイテムを取り入れても、間違ったスキンケアをしていたらもったいないですよね。まずは、基本として正しいお手入れを理解したうえで、シミの原因を改善していきましょう。

 

【関連記事】

若いからこそ要注意! 10年後も美肌でいるための「しみ対策」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事