うるおい肌へ! 化粧水をしっかり浸透させるハンドプレスの方法

皆さん、毎日化粧水をどのように塗っていますか? きちんと化粧水を塗っているのに、なぜか乾燥する、肌トラブルが治らない……このような悩みを抱えていませんか。

今回は、化粧水や美容液の浸透を良くする、ハンドプレスの正しいやり方についてご紹介いたします。

「ハンドプレス」とは

ハンドプレスとは、化粧水や美容液、乳液などをつけるとき、肌を手のひらでおさえるようにしながら浸透させていくことです。ハンドプレスをすることによって、普通に化粧水をつけるよりも保湿効果浸透力がアップします。

正しいハンドプレスのやり方

まずは、清潔にした手に適量の化粧水をとりましょう。このとき、手のひらを擦り合わせるなどしてあたためておくとより良いです。化粧水を優しく顔全体に塗ったら、部位ごとに手のひらを押し当てていきます。化粧水がぐんぐんお肌に浸透するイメージをしながら、10秒ほど優しくおさえましょう。

時間はかかりますが、化粧水だけでなく、美容液や乳液もハンドプレスで塗ると、効果を引き出せますよ。

ハンドプレスの注意点

ハンドプレスは強くするのではなく、あくまでも優しく抑えることがポイントです。お肌はとても敏感ですので、強い力を加えてしまうと、負担となってしまいます。ですから、手を離すときも優しく、ゆっくり。


化粧品の効果をを感じられない方、乾燥やインナードライ肌を改善したい……などお肌でお悩みの方、時間をかけてハンドプレスをしてみてはいかがでしょうか。お肌とじっくり向き合って美肌に近づきましょう!

【関連記事】

お手入れの基本! 化粧水が浸透する正しいパッティングの仕方

美容液はいつつける? 毎日の正しい基本スキンケアの順番を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事