生理前がツラい! ホルモンバランスの乱れが体に与える影響とは

 

生理不順、大人ニキビなどの肌荒れ、イライラや止められない食欲。そんな美を遠ざけるトラブルに見舞われるときに頭をよぎるのが、「ホルモンバランスの乱れ」という一言。

 

では一体、どのようにホルモンが女性の体に影響を及ぼしているのかご存知ですか?

 

女性ホルモンには大きく2種類あります。黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)です。この2種類のホルモンは、通常なら生理後から排卵日までは卵胞ホルモン、排卵日から生理が来るまでは黄体ホルモンが優位になるよう分泌されています。しかしこの2種類のホルモンにはそれぞれ特徴があり、その特徴が大きく女性のコンディションを左右します。

 

生理前の辛い諸症状はエストロゲン不足が原因!?

 

生理後から排卵日までに優位に分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)は、女性らしい身体をつくるホルモン。自律神経、脳、メンタル、骨や皮膚の働きにも大きく関わるマルチな作用があります。エストロゲンが優位な期間は、肌もツヤツヤ、代謝も良いので太りにくく、気分も安定していてハツラツと動けると感じる人が多いのではないでしょうか。

 

そして、排卵日後から生理前までに優位に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は妊娠を助けるホルモンと言われています。子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整え、無事着床後は妊娠を継続させる働きをします。体内の水分を保持したり食欲を増進させたりなど、いわゆる「ためこむ」作用が強い傾向にあるため、プトゲステロンが優位な期間は空腹を感じやすく体重が増えやすいうえ、むくみや便秘、気分の落ち込みに悩まされる人も少なくないはず。PMSを発症するのがこの時期で、心身ともに女性が不調な時期といえるでしょう。

 

エストロゲン不足は“外から補って”解消を!

そこで、生理前に肌が荒れる、太りやすくなるとお悩みの人。また、生理前のような症状に悩まされている人は、「エストロゲン」を摂取するのがおすすめです。

 

エストロゲンと同じような働きをしてくれる成分に、植物性エストロゲンがあります。文字通り植物に含まれる成分で、大豆イソフラボンや亜麻仁油に含まれるリグナンという成分などがそれ。豆乳を飲んだり、亜麻仁油を加熱はせずにドレッシングにしたりして、毎日の食生活に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

 

また、ホルモン分泌の低下に最も悪影響なのがストレス。ストレスの多い人はホルモン値が下がる傾向にあります。そこで、ストレス時に発生する活性酸素水素水でケアしてあげるのも大切です。

 

>> 水素で除去! 活性酸素が生まれる原因と体に与える影響

 

毎日を美しく、元気に暮らすためには、ホルモンバランス、とくにエストロゲンの分泌が十分されていることが重要。植物性エストロゲンと水素水を上手に取り入れ、ホルモンバランスの良い美人を目指しましょう。

 

【関連記事】

美容と健康の鍵! 女性ホルモンを増やし美しくなる方法

ストレスが肌に与える悪影響と改善方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。