ストレスが肌に与える悪影響と改善方法

 

「どれだけケアを頑張っても肌荒れが治らない……」そんな時は精神的ストレスが肌荒れの原因になっているかもしれません。
ストレスがどのように肌に影響するのか、解消法とあわせてご紹介します!

 

ストレスと肌の関係性とは

一見、ストレスと肌には何の関係性もないように思えますよね。しかし肌は、ストレスによる症状が出やすい部位だと言われています。
その理由は、ストレスを感じると肌の免疫力が落ちてしまうため。肌のバリア機能が低下し、乾燥や吹き出物などのトラブルが発生してしまうのです。

 

それに大きく関わっているのが、皮膚の表皮に存在する「ランゲルハンス細胞」です。本来、ランゲルハンス細胞は細菌やウイルスなどからの外敵から守る役割を持っています。しかし、過剰なストレスを受けるとランゲルハンス細胞の数が減り、弱く荒れやすい肌となってしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

また、過剰なストレスは私たちのホルモンバランスを乱す原因になります。ストレスホルモンと呼ばれる「副腎皮質ホルモン」が増加し、肌環境が悪化してしまうのです。

加えて男性ホルモンも増えるため、皮脂分泌が過剰になります。その結果、肌のゴワつきやニキビ、ターンオーバーの乱れに繋がってしまうでしょう。

ストレスによる肌荒れを解消するには

stress2

スキンケアを頑張りすぎない

肌荒れが気になるからと言って、スキンケアの頑張りすぎは禁物です。特にピーリングなど負担の大きいケアは避けましょう。肌の免疫力が低下しているため、ピーリング剤が刺激となって炎症を起こしてしまう恐れがあります。
使い心地が良い、お気に入りの化粧品を使ったケアで様子を見ることをおすすめします。

 

生活リズムを整える

朝に太陽の光を浴びるとセロトニンが増え、ストレスの緩和に繋がります。そのために夜は早めに就寝し、たっぷりの睡眠を心がけましょう。午後10時~午前2時は肌が生まれ変わるタイミングなので、この時間帯に眠りについていると効果的です。
ただし、寝ようとして焦りすぎるのも、ストレスになってしまうので良くありません。早めの入浴や軽いストレッチで身体をリラックスさせておくと、眠りにつきやすくなりますよ。

 

適度な運動

気持ちいいと思える程度の運動は、ストレス発散と肌荒れ解消に効果的です。血行が良くなるため、身体の内側から肌を回復させることができるでしょう。ウォーキングやダンスなど、手軽にできることから始めてみましょう。楽しく続けることで、ストレスに負けない心と身体の育成に繋がりますよ。


ストレスが溜まってしまうと肌だけでなく体にとっても悪影響を及ぼします。忙しい毎日だからこそストレス解消を意識的に行い、健康的な肌を手に入れて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事