1秒ごとに乾燥が進む!? 入浴後の正しい保湿方法

 

女性にとって、冬の乾燥は大きな悩みです。お化粧をしても粉を吹いてしまうし、ファンデーションはヨレてしまいます。何より困るのは、シワっぽくなってしまうこと。これだけでとても老けた印象になってしまいます。

 

冬は冷たい風が吹き、湿度がとても低くなるためお肌が悲鳴を上げる季節です。「一生懸命保湿しているのに、なぜか乾燥が防げない」そんなことはありませんか?

 

自分の毎日の生活を思い出してみてください。1日の中で、1番お肌が突っ張って乾燥している時間はいつでしょうか?

 

それは、バスタイム後のお肌ではないでしょうか。入浴後の保湿方法を間違うと、お肌の乾燥が悪化していきます。

 

では、入浴後はどのようにスキンケアをすればいいのか、見ていきましょう。

 

お風呂あがりからスキンケアまでの時間

 

洗顔

 

まず、お風呂から上がってからの自分の行動を思い出してください。体を拭いて洋服を着て、髪を乾かして……スキンケアに取り掛かるのは何分後くらいでしょうか?

 

1日お化粧したお肌はその日の疲れと汚れをたっぷり溜め込んでいます。その疲れをクレンジングと洗顔料でスッキリ落とす、ここでお肌が一気に乾燥しています。お化粧の油分を落とせるクレンジングや洗顔料は、お肌本来にある水分や油分までも洗い落としがちです。ですから、入浴後に保湿をしない時間が長ければ長いほど、お肌の乾燥が進みます。

 

湿度が低い冬に洗顔で乾燥したお肌をそのままにすると、お肌からどんどん水分が蒸発すると考えてください。入浴後は一刻も早く保湿を行い、肌から水分や油分が失われるのを防ぐ必要があります。

 

保湿ケアのタイミングとポイント

保湿ケア

 

では、実際どのように保湿を行えばしっかりと乾燥を防げるのでしょうか。

 

まず、脱衣所に化粧水を置くようにします。お風呂から上がって体を拭いたら、すぐに化粧水をつけられるのがポイントです。脱衣所が寒くて辛い場合は、手に化粧水を取って再度お風呂に戻ってつけてもいいでしょう。

 

できるだけ早くお肌表面を潤わせることが乾燥を防ぐポイントになります。お肌がツッパリを感じる状態は危険です、ツッパリを感じる前に素早く保湿することを心がけます。

 

さらに、乾燥する季節は、着替えてお部屋に戻ったらすぐに美容液やクリームなどをつける習慣をつけましょう。お肌の乾燥にとって大切なのは油分だと思われがちですが、実は水分補給が一番大切なのです。つやつやなお肌、プルプルなお肌は水分量が高い状態なのです。化粧水をつけてからなるべく間を空けないように美容液などを付けることで水分を蒸発させないよう閉じ込めましょう。

 


冬は寒くてお風呂上がりが辛いものです。しっかり保湿が出来たお肌は、乾燥知らずの状態で冬を越せるお肌に変化していきます。お風呂上がりにどれだけ早く保湿ができるか、自分なりに工夫をして習慣付けてみて下さいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事