長湯は間違い? 正しい半身浴の方法と注意点

 

四季の中でも冬は格別に寒い! 外に出ただけで一瞬にして全身が冷え、家に帰る頃には、もう氷のように冷たくなっているでしょう。外との気温差が激しくなる今だからこそ、半身浴で体をあたためたい、と思いますよね。しかし、お風呂や半身浴に入るときは身体に負担をかけないよう配慮が必要になります。

 

そこで今回は、半身浴の正しい入り方とポイントについてご紹介いたします。

 

半身浴の基本ルール

 

温度設定

 

半身浴をするときは、まず温度設定が重要です。暑すぎても身体に負担をかけることになりますから、温度は大体38℃~42℃前後に設定しましょう。お湯を入れる高さですが、みぞおちあたりまでにしておくと、ちょうど「半身浴」と呼ばれる範囲になります。

 

入浴時間の長さにかかわらず、お風呂に入るときは、すぐに水分補給ができるようにお水を用意しておきましょう。冷たいお水を飲んでも身体がびっくりしてしまうので、常温のお水を用意しておくと、お風呂で飲むときに、より美味しく感じられます。

 

半身浴は全身をお湯に浸けるわけではありません。つまり、放っておくと上半身だけ冷えてしまうため、できれば乾いたタオルを肩にかけておきましょう。

 

入浴前にコップ1杯の水を飲む

入浴中に水分補給を行うことも大切ですが、入浴前にも必ずコップ1杯の水を飲んでおきましょう。目安は入浴30分前。身体に負担をかけないように、入浴前に水分を摂取する場合も「常温」のお水にします。

 

ちなみに、ダイエット効果を期待している方は、入浴前にストレッチをすることで汗をかきやすくなるといわれています。いきなり熱いお風呂に入るのではなく、軽く身体を動かしておくといいですよ。

 

入浴時間は20~30分!

 

半身浴は、長く入っていればいいというわけではありません。どんなにがんばっても、体質的に長時間の入浴はきついという方もいらっしゃるでしょう。目安としては、20~30分前後です。入浴したことで具合が悪くならないように気をつけましょう。

 

そして、お風呂場に入ったら、いきなり湯船に浸からず、まずはかけ湯をします。よく身体を温めてから、お風呂にゆっくりと浸かりましょう。お湯が冷めてきたら、適度に足し、身体が冷えないように注意してください。

 

>> Auter 水素化Mg配合入浴剤

 


いかがでしたか? 半身浴は適当に入っても、かえって身体に負担をかけることになります。

年末年始はただでさえ気が抜けて体調を崩しやすいですから、半身浴の正しい入り方について、あらためて振り返っておきましょう!

 

【関連記事】

1秒ごとに乾燥が進む!? 入浴後の正しい保湿方法

美人をつくる毎日の習慣! お風呂でしたい3つのケア

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。