乾燥肌を撃退! 美肌へ導く基本のスキンケア4つのポイント

みなさん、いまご自分の肌に満足していますか? お肌や乾燥のことでお悩みはないでしょうか。そういった悩みは、実は間違ったスキンケアが原因かもしれません。いま一度、スキンケアの基本を見直してみませんか?

 

若いころは、シミやくすみもなくて誰だってキレイちょっとくらいスキンケアがいいかげんでも、メイクしたまま寝てしまっても、なんとかなります。ところが、20代後半になると状況は一変。きちんとスキンケアしているつもりなのに、肌悩みがなかなか解決しないという人は多いんです。

 

そして、冬の肌悩みで多いのは、やはり乾燥。肌が乾燥して化粧のノリがよくない、小ジワが気になる、という悩みはよく聞かれます。そして、1年中聞かれる悩みとしては、シミや毛穴、ニキビといったところ。

 

今回は、間違ったスキンケア方法と正しい基本のスキンケアのポイント4つをご紹介いたします。

 

(1)クレンジングの基本!

夜寝る前にしなければいけないことといえば、やっぱりメイク落とし。基本中の基本は、まずポイントメイクを先に落とすこと。綿棒にクレンジング剤を含ませて、目のキワをクルクルと往復させます。それでもまだアイメイクが残っていたら、コットンにクレンジング剤をたっぷり含ませて、やさしくなじませましょう。

 

次に気をつけておきたいのが、クレンジング剤の選び方。乾燥肌の方には、うるおいを保つミルク・クリームタイプのクレンジング剤がおすすめです。

 

ニキビが気になる方には、さっぱりとしたジェルタイプや、ニキビケア専用のクレンジング剤がおすすめ。オイリー肌の方には、洗浄力の高いウォータータイプや、オイルがおすすめです。

 

どのタイプの方でも気をつけていただきたいのは、早くメイクを落としたいからといって、むやみに力を入れないこと。手のひらでやさしく、メイクを浮き上がらせます。

 

(2)洗顔の基本

 

クレンジングの次は洗顔ですが、ダブル洗顔不要のクレンジング剤を使っている方は、クレンジング後の洗顔はパスしてもOK。ただし、すすぎはしっかり行いましょう。

 

洗顔には、マイルドな石けんや洗顔フォームをチョイスして、ふんわりキメの細かい泡を作ってあげます。ゴシゴシこすらず、泡で汚れを浮き上がらせるようにしましょう。

 

毛穴が気になる人は、指の腹で丁寧にマッサージを。週1回、酵素系の洗顔パウダーを使うのも効果的です。ニキビが気になる人は、洗顔後にピーリングジェルで角質ケアを行いましょう。毛穴のつまりが取れ、化粧水の浸透もよくなります。

 

また、冬は朝の洗顔は水だけでいいという人もいますが、これはちょっと考え物。寝ている間に出てきた皮脂が酸化して、くすみの原因になってしまいます。

 

>> 正しい洗顔で美肌に! 手でキメ細かい泡を作る方法

 

(3)化粧水・乳液の基本

洗顔のあとは、いよいよ化粧水と乳液の出番です。基本のスキンケアはお金をかければいいというものではなく、重要なのは適量を守ること。

 

化粧水・乳液はコットンに500円玉大が目安です。じっくりと手のひらの温度でなじませることで、浸透力が高まります。

 

より化粧水の効果を高めたい場合は、導入美容液を使ってもいいでしょう。化粧水・乳液は口コミで評判がいいものよりも、自分好みの香り・テクスチャーを選ぶのがベストです。

 

(4)スキンケアの締めはオイルで決まり!

化粧水・乳液でしっかり保湿したあと、忘れてはならないのがオイルです。おでこや目元、ほうれい線など、小ジワが気になる部分は必ずオイルで保湿してあげましょう。

 

乾燥が原因の「たるみ毛穴」にも、オイルは有効です。お風呂上がりはもちろん、朝のスキンケアの締めにはオイルがマスト。このひと手間でファンデのノリがまったく変わります。

 

ただ、どんなに基本のスキンケアを丁寧に行っても、睡眠不足や、体を冷やす食生活をしていては元も子もありません。冬は消化のいい食べ物を摂り、ゆっくり入浴して、体を温めてあげましょう。

 

正しいスキンケアで肌がよみがえる

クレンジングに洗顔、化粧水・乳液、締めのオイル。気になる乾燥や毛穴の目立ちを防ぐケアは、意外にシンプルです。覚えておいていただきたいのは、ひとつひとつのケアを丁寧に行うこと。急いでいても、ゴシゴシこすったりすると肌のストレスが増え、シミやシワの原因となります。

 

正しい基本のスキンケアでしっかり保湿して、肌をやさしくいたわることで、美しい肌を取り戻しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事