インナードライに注意! サラサラ肌をキープし化粧崩れを防ぐ方法

夏のお肌のお悩みのツートップである、化粧崩れ乾燥。汗でメイクは落ちやすく、さらに大量の汗によって肌の乾燥が加速。ベタつきがあったり化粧崩れが起きるのは、乾燥によるインナードライが起きている証拠です。

今回は、メイク前のスキンケアから化粧崩れを防ぐポイントをお伝えしていこうと思います。

 

【洗顔】テカリが気になるTゾーンだけでも泡洗顔ですっきり

いつも朝、洗顔はお湯だけという方も、この季節はベトつきが気になるのではないでしょうか。皮脂が多く、毛穴の詰まりを防止するためにも鼻周りを中心に眉の上、鼻の下を洗顔フォームや泡石鹸を使って、洗っていきます。ぬるま湯で汚れを落としたら、最後に冷水で洗い流し、毛穴をきゅっと引き締めます。

 

【スキンケア】ローションパックで化粧崩れしにくい肌づくり

ベトつくからといってスキンケアを手抜きすると、さらに皮脂が出て、テカリや化粧崩れの原因に。さらに紫外線や汗、エアコンによって肌が乾燥し、夏のダメージをそのまま肌に残すことになってしまいます。“秋老け”を防ぐためにも、保湿は重要です。

紫外線などで肌のインナードライが進んでいる時は、敏感に傾いていなければ、ローションパックで化粧ノリのよい肌を作っていきます。特に皮脂が多い肌には毛穴の引き締めができる収れん化粧水を。スースーした涼感コスメを使ったり、化粧水を冷やして、化粧崩れを防ぐ下地作りを開始します。

 

みずみずしいテクスチャーで保湿効果が高い美容液を 

暑い時期におすすめなのが、朝の美容液。化粧水をつけた後に、乳液が馴染みにくく、肌が乾燥しやすい時も化粧水のあとに美容液を使うと、化粧水の浸透や肌の保湿をサポートしてくれます。美白美容液や毛穴対策の美容液を取り入れましょう。

 

image-1

 

【化粧下地】ベースよりファンデの量を減らしてテカリ防止!

ファンデーションの崩れを防ぐためにも化粧下地を活用しましょう。鼻筋はスーッと伸ばすようにつけ、頬はポンポンと優しくスタンプを押すように伸ばします。ベタつきやテカリ防止には下地よりもファンデーションの量を少なくするのがポイントです。

そして、ファンデーションの上にパウダー(お粉)を重ねると、皮脂を吸って、化粧持ちを良くしてくれます。

 

化粧崩れを防ぐにはスキンケアが一番大事。その上で、ベースメイクは皮脂をコントロールするパウダーを用いて、薄めに仕上げるのがポイントです。汗やテカリを防いで、ふわっとしたサラサラ肌をキープしましょう!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事