夏はダメージの季節!「乾燥肌」と「くすみ肌」徹底改善法

 

夏は紫外線や冷房の影響で乾燥やくすみが気になる季節です。今年の夏ダメージは今年のうちにケアしておきたいもの。

一体どのようなケアを行えばよいのかご紹介しましょう。

 

夏の乾燥肌には?

kusumi2

夏は紫外線の影響に加えて、オフィスによる冷房、汗の蒸発、タオルによる摩擦などさまざまなダメージに晒されています。これらのダメージが角質層を傷つけてしまうことで、肌は水分を保持することが難しくなり乾燥してしまいます。

 

以下に当てはまる方は今から注意が必要です。

 

・基本的に冷房の効いたオフィスにいる

・汗を拭くときはタオルでこすっている

・日差しを浴びる機会が多い

 

夏の乾燥肌にならないためには、夏のダメージに対してスキンケアを行うことが大切です。

 

乾燥している肌には、しっとりとしたスキンケア用品で潤いを与えるようにしましょう。特に乾燥しやすい目元は指の腹を使い、優しく肌に馴染ませてあげてください。乾燥が気になる時には、コットンを使ってパックすることもオススメです。

 

そして、皮脂分泌が足りていない箇所にはクリームなどで油分を補い、しっかりとフタをしましょう。また、スキンケアの最後に余分な皮脂をティッシュでオフすると、メイク崩れを防ぐことにも繋がります。夏は汗でメイク崩れに悩む方も多いです。
ちょっとした工夫をすることで、より快適な肌で過ごせますよ。

 

これから起きる恐れあり⁉︎ くすみ肌に要注意!

 

kusumi3

 

暑さのピークが過ぎたころに気になってくるのが、夏のくすみ肌です。紫外線の影響によりメラニン色素が生成される、冷房による冷え、睡眠不足などにより新陳代謝が低下します。そうなると肌のターンオ-バーが乱れてしまい、肌にくすみが目立つようになるのです。

 

以下に当てはまる方は今後「くすみ肌」になる恐れがあります。

 

・湯船に浸からない

・夏でも足の冷えが起きる

・運動不足

 

全体的に茶色っぽく、肌がゴワついた感じがする夏のくすみ肌となってしまったら、ピーリングでケアするようにしましょう。古い角質が溜まりやすくなっているため、これらを取り除くことで、肌が化粧水を受け入れやすくなります。

 

夏のダメージを受けている肌には、お湯などで肌を緩めてから優しくピーリングを行ってください。ピーリングと同様に洗顔も手早く行うことで、肌への負担を減らすことができます。また洗顔の際は泡をしっかりと泡立てて、肌をこすらないようにしましょう。

 

そして不必要な角質を取り除けたら、高い保湿力がある化粧水でうるおいを与えましょう。そしてクリームでのケアも行います。肌にしっかりと水分があることで、肌本来がもつバリア機能はきちんと役割を果たしてくれるでしょう。


夏のさまざまなダメージに肌は晒されています。ダメージが目に見える状態になる前に、しっかりとケアしてあげて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。