潤いと代謝をUP! 寒さと乾燥に負けない冬のスキンケアのコツ

 

12月から2月にかけては温度と湿度が1年の中で最も下がる時期と言われており、お肌にとって一番過酷な環境になります。

 

凍えるような寒さの中を歩いていたかと思えば、いったん室内や電車等に入ると暖房器具等で汗ばむほどの暑さになることも。低気温による冷えに加えて、極端な温度差が私たちの身体の新陳代謝の機能を低下させてしまいます。

 

さらに、窓を閉めたままの部屋や大きなビルなどでの暖房の使用は、大気の湿度を大きく低下させ、長時間の乾燥状態にさらされることでお肌にも大きく影響を与えてしまいます。

 

この新陳代謝の低下と継続的な乾燥環境により、お肌のバリア機能が補われることなく内部のうるおいや水分が奪われ続けることから、お肌の内側から乾燥して、たるみやシワなどを引き起こす原因につながってしまいます。

 

そんなこの時期のスキンケアで大切なのは、うるおいの十分な補給と、代謝の促進。そのふたつを簡単に取り入れられるお手入れのポイントをご紹介します。

 

冬の肌乾燥2

 

お手入れ前に「手を温めて」からスタート

お手入れをする際の手のひらの温度、実はこれが上手に活用すれば冬のスキンケアでとても嬉しい要素になるんです。温かい状態の手のひらで化粧水を浸透させた場合、肌に素早くなじみやすくなるだけでなく、より多くの成分が皮膚の内部に浸透するという研究結果が得られています。手を数回揉んだり軽くマッサージをしてからお手入れを始めましょう。

 

化粧水は小分け、すべてハンドプレスで使う

気温が低いとお肌も冷たくなりがちで、また乾燥した肌の状態ではなかなか化粧水やクリーム等も浸透しにくいものです。そんなときは、先に述べたように手のひらの温かさを利用しながら、化粧水は3回ほどに小分けして、また全てのアイテムをハンドプレスで浸透させると、よりスムーズに、かつ効果的にお手入れすることができます。

 

急ぐあまり化粧水をバシャバシャ叩いて使う方もよく見られますが、その場合多くのうるおいが肌表面から蒸発するだけでなく、刺激になって逆に肌にダメージを与えると言われています。

 

>> 化粧水・美容液のつけ方! パッティングとハンドプレスについて

 

美容オイルをクリームに混ぜて使う

冬の過酷な肌環境の影響を受けた肌は代謝が低下してバリア機能が不十分になっているため、うるおいが肌から奪われるのを防ぐための保湿ケアも重要です。普段よりもやや多めの油分を補うようなお手入れを心がけましょう。

 

お手持ちのアイテムを変えたり、増やすのが面倒という方は、美容オイルをクリームに1、2滴混ぜてからお手入れをします。また、低下した代謝を活性化させるためにも、軽くマッサージをするとより効果的です。

冬の肌乾燥3

冷えや乾燥を防ぐ工夫も

お手入れももちろんですが、肌環境を改善する工夫も取り入れるとよいでしょう。例えば、湿度の低下を防ぐためには、加湿器や保湿ミストを使用したり、ぬれタオルを部屋やデスクのそばに置くだけでも随分違うようです。また身体が冷えないよう、カイロや防寒具をしっかり活用したり、生姜湯などで身体の中から温まるようにしましょう。

 

【関連記事】

「顔がピリピリ・ヒリヒリ痛む…」そんな時に必要なスキンケアとは?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事