この成分に気をつけろ!「無添加化粧品」が肌にいい理由と選び方

 

化粧品を選ぶときは、何を基準に選んでいますか? ブランドや値段、CMを見てなど人それぞれだと思います。

 

なかでも、肌が弱い人はなかなか自分に合う化粧品が見つからなくて悩んでいるのではないでしょうか。

 

そんな時は、「無添加化粧品」がおすすめ。あまり積極的に宣伝されていないので知らないメーカーが多いかもしれませんが、無添加化粧品は肌にとって良いことだらけなのです。

 

無添加化粧品とは?

 

肌が弱い人は、自分に合う化粧品に出会えるまでに一苦労です。無添加化粧品や自然派化粧品、オーガニックコスメなどさまざまな化粧品がありますが、それらの違いはあまり知られていません。

 

「無添加化粧品」は、厚生省が指定した102種類のアレルギーを発症する危険性のある成分が入っていないものという考え方が一般的です。

 

そして、「自然派化粧品」は、天然の植物エキスを多く含んだもの、「オーガニックコスメ」とは安全性の高い自然成分を使った化粧品のことです。ただし、メーカーによって成分は異なります。

 

この成分が入っていたら注意!

成分

実は、無添加化粧品には、明確な基準がありません。「無添加化粧品」と謳っていても、配合されている成分はメーカーによって違うというのが現実です。そこで、無添加化粧品を選ぶときはラベルを見て肌に悪そうな成分が入っていないか確かめる必要があります。

 

特に、パラベンなどの防腐剤や界面活性剤が入っていたら注意。求めているような無添加化粧品とは言えません。

 

無添加化粧品

 

無添加化粧品を使うメリットは?

 

無添加化粧品は、アレルギーを起こしてしまうかもしれない成分は極力排除されているため、アレルギーを持っている人にとっては使いやすいという特徴があります。

 

また、季節の変わり目や体調が悪いときは、肌も荒れがち。そんなときは、肌への負担が少なくてすむ無添加化粧品を使うといいですね。乾燥肌やニキビ肌にも低刺激な無添加化粧品は安心して使えます。

 

無添加化粧品に即効性を求めないこと

 

無添加化粧品は肌にとって優しいものですが、添加物が入っている化粧品と違って即効性は期待できません。元々肌が持っている力を呼び戻して、根本からケアしていくようなイメージをしてみてください。肌のターンオーバーにかかる6週間を過ぎてから、無添加化粧品の本当の効果が分かってきます。

 

現代人は様々な要因でアレルギーを持っている人がとても多いです。なるべく肌に刺激を与えないように工夫されている無添加化粧品は、アレルギーもちの人にはぴったり。肌トラブルに悩んでいるなら、一度無添加化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。