正しい洗顔で美肌に! 手でキメ細かい泡を作る方法

 

洗顔する時に、洗顔料を泡立てて洗顔している人は多いと思いますが、その泡はちゃんとキメの細かなしっかりとした泡になっていますか?

 

洗顔料を泡立てる時、多くの人が泡立てネットを使っていることと思います。ただ、肌のことを考えるとよりオススメなのが、手で洗顔料を泡立てて作るキメの細かい泡です。

 

手で作る泡洗顔のメリットを説明するとともに、泡立てるポイントを紹介していきます。

 

泡洗顔のメリット

awa2

 

まず洗顔料をしっかり泡立てるメリットは主に2つ。

 

(1)肌と手の間に入りクッションの役割をして、肌へ直接の摩擦刺激を防ぐこと
(2)細かな泡が毛穴まで入り込み、汚れを吸着してくれること

 

肌トラブルなどにお悩みの方は、もしかしたら洗顔方法が間違っているかもしれません。この機会に、「手」での泡洗顔を行ってみませんか。

 

手でキメ細かい泡を作るには?

awa3
まずは、洗顔する前に手をよく洗いましょう。手に汚れや脂分がついていると泡立ちが悪くなってしまいますし、手の雑菌がそのまま顔につくことを防ぐためでもあります。爪が伸びてないかもよく確認し、清潔な手で洗顔するようにしましょう。

 

そして、洗顔料を適量、手のひらに出して広げます。手のひらに洗顔料を広げることで、塊の状態よりも泡立ちやすくなります。お湯を2~3滴ずつ加え、手のひらの洗顔料となじませていきましょう。充分にお湯と洗顔料が馴染んでくると、少しずつ泡立ってきます。

 

手のひらをお椀のような形にし、お湯を加えながらもう片方の指でさらによく泡立てます。この時、泡を潰さないように気をつけていくことも大切です。水を少しずつ加えることも忘れずに、リズミカルに泡立ててキメの細かなしっかりとした泡を作っていきましょう。

 

キメの細かなしっかりした泡ができてきたら一度逆さまにしてみましょう。落ちないくらいの泡ならOKです。

 

正しい洗顔を

awa4
手で泡を作り出せたら、次は洗顔です。逆さまにしても落ちない泡になったら、くるくると優しくマッサージをするようなイメージで顔にのせていきます。力任せに肌をゴシゴシとこすってはいけません。泡を転がすように、洗顔しましょう。

 

そして、すすぎはぬるま湯で丁寧に洗い流します。洗顔料が肌に残るとダメージになってしまうため、泡が全て無くなってから、さらに10回ほどすすぐようにしましょう。十分にすすぎが出来たら、なるべくタオルと肌を摩擦せずに優しく水分を吸い取ります。洗顔後のお肌はとってもデリケートなので、タオルでゴシゴシ拭くのは絶対にNGです。

 

「手で泡立てるのは大変そう……」という人も多いかと思いますが、実際やってみると意外と簡単に短時間でキメの細かな泡を立てることができます。

 

ポイントを押さえてキメの細かな泡を作り、肌に嬉しい泡洗顔でモチモチの美肌を目指しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。