敏感肌かも? 汗でかゆくなる原因と正しいスキンケア法まとめ

 

汗をかいた後「何だか肌がかゆい……」と思ったことはありませんか? このかゆみは敏感肌の人が覚えやすく、正しくケアをしないと症状が悪化する恐れがあります。
汗でかゆくなる理由と、かゆみを軽減させるスキンケア術をご紹介します!

 

何故かゆくなるの?

 

理由1.菌の繁殖

私たちの肌は、通常であれば弱酸性の状態です。しかし、汗はアルカリ性で、肌が本来持っている殺菌作用を低下させます。すると細菌が繁殖しやすくなり、炎症やかゆみを引き起こしてしまうのです。

 

理由2.汗の蒸発による乾燥

汗が蒸発するときには肌の水分も同時に蒸発し、乾燥を招きます。肌が乾燥すると外部刺激に弱くなるので、かゆみを感じてしまうのです。

 

理由3.皮脂の減少

肌にある適度な皮脂は、乾燥を防いでくれる天然のクリームのようなもの。しかし、汗をかくとその皮脂が流れ、乾燥・かゆみを招いてしまうのです。もともと皮脂量が少ない人も、汗による影響を受けやすいと言えるでしょう。

 

かゆみ改善スキンケア

binkan02

 

バリア機能の強化

敏感肌の人は、肌そのものが薄くなっています。薄い肌はバリア機能が低下しているので外部刺激に弱く、炎症やかゆみを招きやすいのです。まずは肌の厚みを回復させ、汗の影響を受けにくい肌へと変えていきましょう。

 

肌の薄さを解消するには、摩擦や刺激を与えないことが大切です。なぜなら、肌をこすると、さらに表皮が薄く、弱くなってしまうため。クレンジングや洗顔は極力優しく、そしてスキンケア時にはコットンの利用を控えて手のひらを使いましょう。

 

その他、睡眠をしっかりとる、食生活を整えることでも肌のバリア機能を強化することができます。健康な肌は健康な身体から生まれると、常に意識してみてくださいね。

 

皮脂量を増やす

肌の皮脂量を増やすことで乾燥しにくく、かゆみを感じにくい肌に整えられます。そのためには、肌を甘やかしすぎないことが大切です。

 

なぜなら、肌は油分を与え過ぎると、皮脂量を調節して減らしてしまうのです。クリームを適量使用することで、スキンケアを行っても正常な皮脂分泌を促すことができます。

 

食事ではオリーブオイルやナッツ類など、質の良い脂を含む食品を摂りましょう。特に、アーモンドには美肌効果が高いビタミンEも豊富に含まれているのでおすすめです。

 

汗をかいた時の対処法

 

優しく拭く

汗をかいたら、まずは清潔なタオルやハンカチで優しく拭きましょう。決してこすらず、汗をタオルに吸わせるようにすると

 

冷やす

かゆみが出てしまった時は、濡れたタオルや保冷剤などで冷やしましょう。冷やすことによって、かゆみを感じさせる「ヒスタミン」の活動を抑えることができます。手でかいてしまうと炎症や細菌による感染に繋がりやすくなるので、症状が悪化する前に対処を行ってくださいね。


敏感肌の方は少しの刺激でも肌が反応してしまいます。小まめなケアを心がけて肌を育ててあげて下さいね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事