美容の大敵! 活性酸素が生まれる原因と水素水の効果

仕事が忙しくてピリピリしたり、家に帰って1人で落ち込んでしまうようなことはないですか? ストレスは美容の大敵、そして活性酸素が生まれる原因となります。できれば抱え込まず、その日のうちに解消したいものです。運動にマッサージなど、ストレス解消の方法は人それぞれですが、最近話題の水素水も、ストレスが原因の不調に効果があるんです。

そこで今回は、活性酸素が生まれる原因と減らす方法、水素水の効果について解説していきたいと思います。

 

ストレスが多いと「活性酸素」が生まれる

現代社会は、時間に追われがち。せかせかして、ともすると呼吸が浅くなってしまいます。ゆっくりと深呼吸するような暇は、なかなかないかもしれません。

とは言え、私たちは生きるために常に体内に酸素を取り込んでいます。呼吸をして体内に酸素を取り込むとき、一部の酸素は「活性酸素」に変わります。この「活性酸素」が増えすぎると、細胞を酸化させて傷つけ、体にダメージを与えることがわかっています。酸化力の強い悪玉活性酸素は、老化病気の原因になります。

お酒の飲みすぎや喫煙、早食い、睡眠不足など、体に負担をかける生活習慣は、活性酸素を増やします。活性酸素は、ストレスが多く気持ちに余裕がない状態のとき生じます。

>> 老化を止める⁉︎ 活性酸素の脅威と水素の本当の効果とは

ストレスや紫外線は肌にも負担、美容の大敵に

活性酸素が生まれる最大の原因は、ストレスです。ストレスの多い生活は、病気の原因となる悪玉活性酸素を生み出します。心理的、肉体的に不快な状態が続くと、「コルチゾール」というストレスホルモンが分泌され、血圧が上昇して血糖値も上がります。ストレスが多い状態では、活性酸素が多く発生し、免疫機能が低下、多くの病気の引き金になります。

夏になると気になる紫外線も、肌にとっては大きなストレスです。紫外線を浴びた肌には強力な活性酸素が発生し、シミの原因となる「メラニン」を増やします。メラニンを作る細胞が一か所で増えすぎると、シミになってしまいます。

最近では、紫外線のほかに花粉や大気汚染による肌ストレスをブロックするファンデーションが話題になっています。紫外線だけでなく、肌にとってストレスとなる環境はみな、活性酸素を増やす要因になるのです。

 

4_3

 

悪玉活性酸素を減らす方法

では、病気の原因となる悪玉活性酸素を減らすにはどうすればいいのでしょうか。悪玉活性酸素を減らすには、姿勢をよくする、有酸素運動をする、運動前にごはんを食べない、マッサージをするなどの方法があります。

活性酸素を減らす方法のひとつとして、水素水の摂取も注目されています。水素水を飲むだけでいいなら、とても簡単ですね。水素は酸素と結びついて、体内の悪玉活性酸素を除去するだけでなく、悪玉活性酸素ができにくい体質にしてくれます。

 

正しい水素水の選び方

美容業界を中心に話題の水素水は、いまやスーパーでも見かけるようになりました。何種類もあるのでどれを選べばいいかわからないという方に、水素水を選ぶときのポイントをご説明します。

まず、もっとも簡単な比較方法はパッケージです。水素分子は非常に小さく、ペットボトルの樹脂をすり抜けてしまいます。アルミ製の容器で、アルミ缶よりも中に空気が入りにくいアルミパウチに入ったものがおすすめです。

さらに、入っている水素の濃度が明記されているとより安心です。水素濃度が0.8ppm以上のものを選んだ方がいいでしょう。また、ここでいう水素水とは、ミネラルウォーターに分子状の水素ガスを溶かして作ったものです。「水素イオン」と表示されたものとは関係ありません。

>> ケトジェニックで痩せる! 水素水とダイエットの美味しい関係

ストレスを溜めずに、心と体を美しく

美容のためにも、老化や病気を防ぐためにも、ストレスを溜めず、悪玉活性酸素を減らす生活は重要です。悪玉活性酸素を減らすためには、姿勢を保つことや、有酸素運動、マッサージ、腹八分目を心がけることが挙げられます。

さらに、手軽に悪玉活性酸素を除去するには、水素水を飲むのがおすすめです。水素水は1日300ml~500mlを週2回ほど飲めば大丈夫です。水素濃度が明記された、アルミパウチ入りのものを選びましょう。

また、水素を摂取すると、「グレリン」というホルモンの分泌が促され、副交感神経が優位に働きます。グレリンは副交感神経を優位にして、気持ちをリラックスさせ、気分の落ち込みを和らげてくれます。

飲むだけで活性酸素を除去してくれる水素水は、忙しい現代人にぴったりです。女性特有の周期的な気分の落ち込みにも、水素が役立ってくれそうです。水素を取り入れた生活でストレスを吹き飛ばし、5月の連休を楽しく迎えましょう!

 

【関連記事】

活性酸素は口の内にも! 水素水で始める口内ケア

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事