細胞から元気に! 秋冬でもしっとり肌を維持する乾燥対策ポイント3つ

 

秋冬は、湿度の低下に伴い、肌も乾燥しやすい季節です。みなさんも肌の渇きを感じていませんか?

 

そこで今回は、総合的にケアしたい秋冬の乾燥対策ポイント3つをお伝えします。

 

ポイント(1) 加湿器と適温洗顔で乾燥させない

身も蓋もない話ですが、肌の乾燥の原因が湿度の低下によるものだけなら、加湿器を導入するのが一番の解決策です。自宅では必ず加湿器をつける。デスクの上にも簡易加湿器を備え付け、オフィスでも常に湿度を高く保つことができるよう工夫しましょう。

 

また、うっかり肌を乾燥させてしまう秋冬ならではの原因に、「お湯が熱い」ということがあります。夏場なら、少し温めの温度で顔を洗うことが辛くなくても、秋冬は別。お風呂場でシャワーを使って顔を洗う人にとってはとくに、頭から温めのお湯をかぶるのが嫌で、つい熱いお湯で洗顔してしまうという人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、一年を通して洗顔に適した温度は同じ。汚れは落としながらも、なるべく乾燥させないギリギリの温度が32〜35℃の間です。寒いからと体を洗うのと同じ温度のお湯で洗顔しないようくれぐれも気を付けましょう。

 

ポイント(2) キメを整えて肌をしっとりさせる

キメを整えてしっとり肌

ほか、乾燥の原因としては、ターンオーバーの乱れが考えられます。キメが整っていないせいで、つまり角質が厚いか、薄いか、どちらかに偏っているために乾燥してしまうのです。角質が厚いと顔がゴワゴワ、ガサガサしていると感じます。化粧水をたっぷり使ってケアしても、浸透しにくく、肌が柔らかくなりません。そういった場合は、ピーリングで角質をオフしてあげるといいでしょう。適切に角質除去できれば、化粧水の浸透力がアップし、肌が柔らかく透明感がアップしたと感じられるはず。

 

逆に、角質が薄い人は肌に赤みが出やすく、少しの刺激でピリピリします。常に肌のつっぱりを感じている人も少なくありません。このタイプには刺激はNGです。クレンジングや洗顔でこするのもダメ。汚れは泡に吸着して落としましょう。化粧水をつけるときも摩擦はできるだけ避けてください。自分で皮脂を分泌する力も弱まっているので、できるだけ保湿力の高いクリームでしっかりと保湿してあげましょう。

 

肌を育てる

 

ポイント(3) 細胞を元気にして乾燥知らずの肌を育てる

 

これらターンオーバーを整えるためには、上記のように日頃のスキンケアで自分のタイプにあったケアをすることはもちろん、細胞自体の働きを整えて新しく生まれてくる肌細胞を正常に育てるサポートも欠かせません。毎日湯船に浸かって汗をかくなど、細胞に血液がたっぷり送られるように、つねに肌の血流に気を配ってあげましょう。炭酸や水素など血流促進作用があるスキンケアアイテムを取り入れてみるのもいいですし、細胞付近の血管に直接刺激を与える美顔器なども効果的です。

 

>> 細胞から元気に! 秋冬でもしっとり肌を維持する乾燥対策ポイント3つ

 

最後に、忘れてはいけないのが悪玉活性酸素のこと。日焼けや炎症で増える悪玉活性酸素は、もちろん肌細胞をも攻撃します。紫外線を浴びたとき、ニキビなどができているとき、ストレスを抱えているときなどは水素水活性酸素除去を心がけてあげましょう。水素水を飲めば全身に作用しますが、肌につけるなどして気になる部分に直接取り込めば、肌細胞周辺の悪玉活性酸素により働きかけやすくなりますよ。

 

【関連記事】

水素で除去! 活性酸素が生まれる原因と体に与える影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。