美人はメンタルが強い!? ストレスと上手に付き合う方法

 

比較的、「美人はメンタルが強い」といえるかもしれません。なぜなら、メンタルが強いとストレスを上手に受け流せるからです。

 

ストレスを強く感じると、悪玉活性酸素が生み出されるため老化しやすく、病気になりやすくなります。もちろん、ホルモンバランスや自律神経にも悪影響を及ぼします。つまりストレスは美しさの大敵。ストレスに負けないから美人なのです。とはいえ、ストレスを感じることなく生きていくのは至難の技。ストレスと上手に付き合う方法を学ぶしかありません。

 

嫌なことがあったとき、不測の事態に驚いた時など、あなたの体にはどのような症状が現れますか? よく、「サーっと血の気が引く」と表現されるように、呼吸が浅くなり、手や足といった末端が冷たくなるような感覚に襲われていませんか? これはストレスに反応して体が緊張し、血管が収縮している状態です。末端まで血液が届きにくくなるため手足が冷え、さらに血液の循環量が減るので酸素が足りなくなり、呼吸が浅くなるというメカニズムです。緊張の後は必ず体は弛緩するのですが、このとき急激に酸素が体を巡るため、大量の活性酸素が発生して細胞に大きな負担がかかることになります。

 

ストレスを呼吸でコントロールする

ストレスを呼吸でコントロール

そこでまずストレスを感じた際に緊張を和らげる方法を知りましょう。ストレス下の体をコントロールする唯一の方法、それが呼吸です。緊張時に体の反射に任せたまま浅く速い呼吸を繰り返すと余計に苦しくなってしまいます。普段からゆっくりと、腹の底から行う深く長い呼吸を意識して、身につけましょう。

 

呼吸のしかた

鼻でゆっくりと息を吸い、鼻か口からゆっくりと吐きます。吸うときも吐くときもできるだけ長く時間をかけて呼吸をしましょう。

 

瞑想を行うと高い鎮静効果が得られる!?

瞑想を行うと高い鎮静効果が得られる!?

また、根本的にストレスを感じにくくする方法もあります。その方法が、海外ではメディテーションやマインドフルネスと呼ばれ、日本では仏教の座禅でおなじみの「瞑想」です。瞑想を行うと高い鎮静効果が得られ、不安やストレスが軽減されるということが実証されています。

 

海外ではスポーツ選手のメンタルトレーニングに取り入れられているのはもちろん、メディテーションルームを備え付けた会社があるなど、瞑想はすでに多くのひとに実践されているのです。

 

>> 疲れが取れない人必見! 海外セレブもハマるマインドフルネスとは?

 

瞑想のしかた(15分〜30分ほど、毎日行うのがおすすめです)

(1)あぐらをかき、背筋を伸ばす。
(2)上記を参考に呼吸をする。余計なことを考えないよう呼吸に集中すること。
(3)呼吸と同時に息を吸ったり吐いたりするお腹の動きを意識し、さらに肩から力が抜けいく、指先まで新鮮な酸素が行き届くようなイメージを持ちましょう。


以上、本当に簡単な方法ですが、知っておくとストレスをだいぶコントロールできるようになるのを感じるはず。それでも、ストレスを全てなくすということは不可能です。どうしようもないストレスを感じたら、水素水を飲むものおすすめ。発生してしまった活性酸素を水素の力でオフしてあげましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事