花粉症にも効果を発揮! 水素水とアレルギーの注目の関係とは

 

花粉が飛ぶのは春だけはありません。ご存知の通り、秋も花粉シーズン真っ只中。スギやイネ、ブタクサやヨモギなど、多くの花粉がそこら中に飛んでいます。

 

そのため、秋になると鼻水や目のかゆみなどの症状に悩まされる人が少なくありません。目のかゆみがずっと続けばアイメイクどころではありませんし、花粉が肌につくことで、肌が赤くかゆくなってしまう人もいます。花粉のひどい時期にはおしゃれをする余裕なんてない、という人も多いのではないでしょうか。

 

水素の知られざる抗アレルギー作用

秋も花粉シーズン

 

そこで、知って欲しいのが水素の抗アレルギー作用のこと。実は、花粉をはじめとするさまざまなアレルギーが、楽になるかもしれないと、水素の力に注目が集まっているのです。

 

そもそもアレルギーは、体内に入り込んできたアレルギーの原因物質「抗原」を体の免疫システムが異物と認識し、それを排除するための「抗体」を生産することで起こります。この抗体は、鼻や目の粘膜の細胞に作用して炎症物質を放出するため、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどといったアレルギー症状が引き起こされるのです。

 

さらに、アレルギー反応により炎症が起こった箇所には活性酸素が大量に発生するため、より症状が悪化するという負のスパイラルに陥ってしまいます。重度のアレルギー患者にはステロイド剤が処方されますが、炎症を抑え、免疫反応を弱めてくれる効果がある一方、頭がぼーっとする眠気が起こるなどの副作用は生活の質を著しく低下させてしまいます。

 

>> 老化を止める⁉︎ 活性酸素の脅威と水素の本当の効果とは

活性酸素を除去すると炎症が楽になるから水素が◎

水素で活性酸素除去

そこで水素の出番です。水素なら、活性酸素を除去することで、副作用なく炎症を抑える働きが期待できます。花粉に悩んでいる人が水素を飲み始めて症状がとても楽になったという話をよく聞くのはそのメカニズムのおかげなのです。

 

「花粉症の症状に悩まされている季節はおしゃれどころじゃない」ではもったいないと思いませんか? 一年中を通してずっと美人でいられるように、ぜひ花粉症対策に水素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ケトジェニックで痩せる! 水素水とダイエットの美味しい関係

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事