乾燥肌でもツヤ肌に! 秋冬でも崩れないベースメイクの秘訣

秋になると、空気の質がすっかり変わり、乾燥してきます。そうすると、当然肌の質も変わって、メイクが崩れる原因が変化します。夏のメイク崩れが油分によるものだったのに対し、秋冬のメイク崩れの原因は、水分不足。乾燥や皮むけにより、ファンデーションもヨレやすくなりがちです。

そこで今回は、乾燥によるメイクのヨレ・崩れを防ぐ方法をご紹介していきます。

しっかり保湿して「キメ」を整える

秋冬にメイクのノリが悪くなるのは、乾燥により肌のキメが乱れてしまうから。充分に保湿されていれば、キメと呼ばれる肌表面の溝はなめらかで、ファンデーションのノリもいい状態です。

しかし、水分量が少ないと、肌の表面はカラカラの大地のようなもの。水分が少なく表皮の溝がむき出しだと、ファンデーションのノリは悪くなってしまいます。

ファンデーションのノリをよくするためには、スキンケアでしっかり保湿するか、メイク前にファンデーションのノリがよくなる”仕込み”をする必要があります。洗顔後のスキンケアが雑だと、充分な保湿効果が現れません。化粧水や乳液をつけた後は、手のひらで包みこむようにしっかりハンドプレスして、ムラなく保湿成分が行きわたるようにしましょう。

それでもまだ乾燥する場合は、ファンデーションを塗る前に、少量のオイルをなじませます。これだけで、ファンデーションのノリがグンとよくなるはずです。

メイク下地の塗り方で仕上がりが変わる

次に、リキッドファンデ・パウダーファンデに分け、それぞれファンデーションが崩れにくくなる塗り方をご紹介します。

 

リキッドファンデの崩れを防ぐには、まずメイク下地をムラなく塗ることが大切です。パール一粒大のメイク下地を手に取り、おでこ・頬・鼻・あごにちょんちょんと置いていきます。下地は指の腹になじませ、面積の広い頬からスタンプを押すように軽く圧をかけて塗りましょう。

頬からムラなくメイク下地をなじませたら、下地と同じ要領でリキッドファンデをなじませます。小鼻のキワなど細かい部分は、指先に残った下地とファンデーションを薄くつけ、スポンジで軽くおさえて厚塗りを防ぎましょう。

 

メイクの仕上げには、フェイスパウダーを忘れずに。乾燥する時期は、肌を守るために皮脂が出てテカリがち。ブラシにパウダーを含ませたら、手の甲で少し粉を払い、サッとおでこにひと刷けします。小鼻のキワは、パフにパウダーを揉みこんでから余分な粉を落としておさえると崩れにくくなります。

ブラシひとつで、完成度の高い仕上がりに

パウダーファンデの場合は、下地選びブラシ使いが決め手になります。乾燥が気になる方は、ぜひ保湿効果の高いメイク下地を使って下さい。少し上の世代向けだと感じても、自分の肌に合うものがあなたにとってのベストコスメです。

保湿効果の高いメイク下地をムラなく塗ったら、何もついていないスポンジでいったん顔全体をおさえましょう。こうすることで、ファンデーションの厚塗りや崩れを防ぐことができます。

 

パウダーファンデを塗る際は、大きめのブラシでファンデーションを何度かなぞり、手の甲で払って量を調整します。まず、頬の下からブラシでくるくると円を描くように塗っていきましょう。次にあご、鼻もブラシを回転させて塗り、目元・口元は地肌との境目をぼかすようにサッとひと撫でします。目元や小鼻は、スポンジの角でおさえてあげると、ファンデーションの密着度が高まり、さらに崩れにくくなります。

乾燥に負けないベースメイクを楽しんで

今回ご紹介したスキンケアとベースメイクを実践すれば、乾燥によるファンデーションのヨレ・崩れはたちまち解決するはず。

もちろん、いつもツヤツヤの肌でいるには、メイクだけでなく、代謝を上げる生活習慣も大切です。朝はごはんをしっかり食べて、温かい紅茶やおみそ汁を飲むことも忘れないようにしましょう。

生活習慣を整えて、スキンケアとベースメイクをきちんとしてあげれば、乾燥やメイク崩れ知らずの美肌になれます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事