年齢肌で気になるシミやそばかすができる原因とは

画像1

年齢を重ねると気になってくる肌のエイジングサインのひとつがシミです。また、若い頃からそばかすに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
そもそもシミやそばかすはなぜ、どのようにしてできるのでしょうか。原因を知って、予防や対策に役立てましょう。

シミは種類によって原因が異なる

皮膚にできる茶色や黒色の斑点などのうち、アザや皮膚がんなどの特殊な病気を除いたものが、一般に「シミ」と呼ばれているものです。シミは、医学的に見るといくつかの種類に分かれており、そばかすもその中のひとつと捉えられています。

一般的に現れるシミの原因とは

女性がシミと言って気にするものの大半は、老人性色素斑と呼ばれるものです。直径1~数センチの丸くて茶色いものが、頬骨の辺りからでき始めることが多いです。
老人性色素斑の主な原因はズバリ、紫外線です。紫外線が繰り返し当たると、肌の中で、シミの元になる黒色のメラニン色素を作り出すメラノサイトが活性化されます。そうして大量生産されたメラニン色素が表皮に広がり、周りの皮膚より色素が濃いシミになっていきます。さらに進行すると、メラノサイトの数が増え、肌表面の角質層が厚くなっていき、黒ずんで見えるようになっていきます。こうして、老人性色素斑、いわゆる老化によるシミは定着していくのです。

老人性色素斑に対するケア

老人性色素斑が定着してしまっている箇所は、皮膚の構造自体が変わってしまっているので、そのシミを消すのは容易ではありません。そのため、この種類のシミは予防することが何より大切になります。まずは、日々の紫外線ケアをしっかりと行うようにしましょう。
ごく初期の薄い状態であれば、美白化粧品によるケアも有効です。

女性ホルモンの影響からできる「肝斑」

女性を悩ませるシミとしてもうひとつよく知られているのが、肝斑です。肝斑は頬骨の高い部分に、左右対称にできることが多く、境界線が比較的はっきりしているのが特徴のシミです。
肝斑の原因は紫外線ではなく、女性ホルモンのバランスが乱れることによるものと考えられています。そのため、妊娠中やピル服用中の人、更年期の人などに多く見られます。
肝斑には、トラネキサム酸という飲み薬による治療や、ピーリングや美白化粧品によるケアが有効とされています。ただし、肝斑であるかどうかの見極めは素人ではやや難しいので、気になる方は皮膚科医に相談してみられることをおすすめします。

そばかすの原因は遺伝

そばかすは、早い人では10歳頃からでき始める、頬全体に散らばったような小さなシミです。よく見ると、シミのひとつひとつが丸ではなく、三角や四角などの形をしています。
そばかすは、医学的には「雀卵斑」と呼ばれ、遺伝が原因だと考えられています。
ただ、遺伝性ではあるものの、紫外線の影響で濃くなってしまうので、悪化させないためには紫外線ケアを怠らないようにしましょう。
治療にあたってはレーザーが有効とされていますが、再発するケースもあります。皮膚科医と相談の上、様子を見ながら最適な治療法を選択していくと良いでしょう。

まとめ

この他にもシミにはいくつかの種類があり、発生原因が異なりますが、その多くは紫外線の影響で悪化するので、シミ対策では紫外線ケアが必須と言えます。若いうちから外出時には日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘、手袋を使ったりするなど、紫外線を直接浴びすぎないよう注意しましょう。
また、メラニンが定着しないようにするには、生活習慣を整えて、肌のターンオーバーが正常に行われるように努めることも必要です。偏った食事や睡眠不足を防いで、規則正しい生活を送るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事