メイク落としで肌が変わる! クレンジングの種類と選び方まとめ

美肌を保つ上で重要な、クレンジング。毎日のお化粧や、日焼け止めなどをしっかり落とさないと、汚肌につながります。そして、クレンジングにはたくさんの種類がありますが、みなさんは何を使っていますか? 自分のお肌に合ったクレンジング剤を選び、毎日すっぴんでも輝く素肌をつくっていきましょう。

今回は、クレンジングの種類選びかたについて解説していきます。

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、洗浄力が強く、素早くメイクを浮き上がらせることができます。しかし、洗浄力が強いということはお肌への負担が大きく、お肌に必要な皮脂やうるおいまでも落としてしまう可能性があります。

必要以上にこすりすぎないこと、オイルが残らないようにしっかりとすすぐこと、クレンジング後にしっかりと保湿をすることが大切です。

リキッドクレンジング

リキッドクレンジングとは、水分をベースにして作られたクレンジングです。濡れた手でも使えるものが多かったり、オイルフリーのものが多いです。

汚れをすっきりと落とせるので、普段しっかりメイクをしている方にオススメです。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングには、水性タイプのものと油性タイプの二種類があります。メイクと馴染ませると、ジェルが厚みを持ち、肌に負担が少なくメイクを落とすことができます。ただし、しっかりメイクの時はダブル洗顔をするなど、使い分けが必要な時もあります。

クリームクレンジング

クリームクレンジングは、油分を多く含み、適度な硬さがあります。丁寧にクレンジングしたいときや、お肌が乾燥しているときにオススメのクレンジングです。メイクと馴染ませる際に、必要な潤いを落としすぎず、摩擦も少ないことが特徴です。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、マイルドな洗浄力でお肌への負担が少ないです。しかし、アイメイクやしっかりメイクなどは落ちにくい傾向にあるので、アイメイクなどはポイントリムーバーなどで落としてから使うと良いでしょう。


いかがでしたか?

クレンジングにはたくさんの種類があり、使う人の生活習慣やメイクの濃さ、肌質によって使い分けることが大切です。自分にあったクレンジングを使い、丁寧に汚れを落とすことが美肌への第一歩です!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。