クリーム洗顔で美肌に! 手持ちの保湿クリームでメイク落とす方法

美肌のためには、クレンジングはできるだけ”肌に負担のないものを選ぶ”ということはよく知られています。クレンジングは肌の負担が大きく、必要な油分まで取り去ってしまうからです。”肌に優しい洗浄料”というと最近の主流はクレンジングミルク。柔らかいテクスチャーで使いやすいものが多いです。

けれど、クレンジングミルクは水を多く含むので、メイク(油分)との馴染みが今ひとつという人もいますよね。クレンジングミルクよりも水分を含まず、メイクとの馴染みがよく肌負担が少ないのがクリームタイプのクレンジングです。そこで、今回は”クリーム洗顔“について、ご紹介します!

クレンジングの中では断然肌に優しいのはクリームタイプ

クレンジングは肌の汚れを浮かせ、その油を界面活性剤で乳化させて流すというステップです。一般的には、オイルクレンジングは洗浄力が強くしっかりメイク向き、ミルクは洗浄力が低いので、ナチュラルメイク向き、と言われています。

オイルは油分が多く、ミルクは比較的水分が多いといえるので、どちらも肌負担となる界面活性剤の量が増えてしまうのです。ミルクの場合はメイクとの馴染みを補うために界面活性剤が多く入っている場合があります。

クリームタイプのものは理論的には、オイルクレンジングより油分も水分も少なく、肌負担が格段に減ります。ミルクタイプでも様々ありますが、少し硬めのテクスチャーのものは肌負担が少ないように思います。

“クリーム洗顔”にトライ!

クリームタイプの洗顔料ももちろんありますが、いま、話題になっているのが、普通の保湿クリームでメイクを落とすクリーム洗顔。よく使われているのはニベアです。ニベアは様々な使い方ができますが、クレンジングとして使う方法も確かに以前からありました。

クリーム洗顔はしっかりメイクは落ちないけれど、洗顔後は肌が綺麗になるともっぱらの評判です。

クリーム洗顔のやりかた

(1)保湿クリームを手のひらで温めて緩めてから、顔に伸ばします。水っぽいものではなく、こっくりとしたテクスチャーがポイント。
(2)優しくメイクとクリームを馴染ませます。
(3)コットンで拭き取るかシャワーなどお湯で流します。

私はニベアではなく別の硬めのクリームを使ってみましたが、しっかりファンデーションやラメのアイシャドウが落ちていました。
ファンデーションは自然派ブランドのもので、けっこう濃い目に塗っていました。

クリーム洗顔後は肌がもっちりした感じで、その後のクリームの馴染みにはっきり違いが! 翌朝も保湿がきちんとされていたようで、肌に透明感が出ていました。

クリーム洗顔の場合、ポイントメイクは先に落としておく方がいいです。また洗顔後にW洗顔は不要です。

もしクレンジングで肌が乾燥すると感じているなら、クリーム洗顔を試す価値はありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。