ブローが大切! 湿気やうねりを抑えるサラサラ髪の作り方

梅雨の時期は髪の毛が湿気を帯びて、広がったりうねったり。特に、前髪や顔まわりの毛に変なクセが出ると一層厄介です。全体のシルエットもいまいちキマりませんね。今回は、そんな梅雨時の髪の毛のうねりや広がりを防いで、サラツヤをキープするスタイリング方法と毎日のヘアケア方法をご紹介します。

髪の毛のうねり・広がりを防ぐスタイリングのコツ

 

(1)ブローでクセを取っておく

洗髪後、髪を乾かす時に、しっかりと根元から乾かし、毛先にクセが出ないようにブローします。

誰でも前髪やサイドはクセが出やすいのですが、小さなクセをそのままにしておくと、日中の湿気でうねりの原因になってしまいます。

 

(2)しっとりタイプのスタイリング剤を

髪のうねりはダメージがあるほど広がる傾向にあるので、ブローをする時には保湿・補修タイプのスタイリング剤で髪をしっとりと落ち着かせましょう。

ヘアオイルは髪をいたわってくれますし、ウエットな仕上がりが今風でもあるのでオススメです。髪が細い人など、オイルだとスタイルが重たくなってしまう人はスプレータイプのものを満遍なく馴染ませると良いです。

(3)髪の毛をコーティングして湿気を寄せ付けない

(2)とは別に、サラサラストレートを保ちたい日は、ブローでスタイルを整えたら最後に湿気を寄せ付けないコーティング機能のスプレーをさっとひと吹きさせます。スプレーをかけたら、コームでといて、一本一本にコーティング剤を行き渡らせると、動くたびに自然に輝くツヤも同時にゲットできます。

うねり・広がりを防ぐ毎日のヘアケア

 

(1)トリートメントでダメージ補修

キューティクルが開いた状態だと、水分が抜けやすくパサつきます。そして、梅雨時期は周りの湿気を取り込んで広がったり、うねったりします。ダメージがあったり、パサつきがちな髪の毛だと余計にクセが出やすいので、ここはトリートメントで補修し、保湿&保水で髪の水分バランスを整えましょう。

うねりを防止するシャンプーなどもありますから、髪の状態に応じて使ってみるといいでしょう。

 

 

(2)頭皮から髪の毛を整える

髪の毛の『』を高めるには、頭皮から。紫外線で頭皮が弱っていたら、頭皮美容液や頭皮マッサージなど頭皮ケアを取り入れて、髪の毛を根元から元気にしましょう。ハリやコシがなくなってくると、髪の毛がうねりやすくなります。

もちろん梅雨の時期だけに限らず、年中行えるケアですが、夏バテや紫外線のダメージで頭皮環境も悪くなるので、夏前から頭皮もケアをしていくと夏から秋にかけての髪の毛のダメージがぐんと減るはず。


ホームケアとスタイリングのテクを合わせ、梅雨時期のうねり&広がり髪を抑えて思い通りのスタイルをキープしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事