使い分けてサラサラに! コンディショナーとトリートメントの違い

シャンプー後、コンディショナートリートメントどちらをつけるか迷ったことはありませんか? コンディショナーとトリートメントには違う役割があり、正しく知って使い分ける必要があります。

そこで今回は、コンディショナーとトリートメントの違い役割をお伝えして行きます。

コンディショナーとは?

コンディショナーとは、髪の表面を保護するためのものです。

シャンプーで頭を洗った後、髪の表面に油分を補い、コーティングしてくれる役割を持っています。髪の毛の手触りを良くしたり、水分の蒸発を防いでくれます。コンディショナーは馴染ませる程度で、流してしまっても大丈夫です。

トリートメントとは?

 

トリートメントとは、髪の毛の内側から、ダメージなどを回復させてくれるものです。

カラーリングパーマ紫外線を浴びた時などが使うタイミングです。トリートメントは、髪の内部に栄養を浸透させる必要があるので、時間を置くことが効果的です。

使い分けの基準

両方使ったほうがいいのか、どちらかで良いのか、悩みますよね。

基本的に、最近の多くのトリートメントには髪の毛を保護する成分も含まれているので、ひとつで構いません。両方使う場合は、トリートメントの後、コンディショナーをつけましょう。

髪の毛の痛みが気になる時はトリートメント、普段はコンディショナー、こう使い分けることがおすすめです。

 

コンディショナーやトリートメントを浸透させるポイント

コンディショナーやトリートメントをつける前に、必ず水気を切るようにしましょう。この一手間で浸透力が変わります。

水気を切った後に、Auterのエッセンスを1.2適、お持ちのコンディショナーやトリートメントに垂らし、その後なじませて時間を置いていただくのも、おすすめです。


いかがでしたでしょうか。コンディショナーは保護トリートメントはダメージ補修、と覚えていただくといいかもしれません。健康でキレイな髪の毛を目指して頑張りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事