食べて塗ってキレイになる! 万能な「はちみつ」美容の世界

身近な万能食材といえばハチミツ。世界三大美女のクレオパトラも愛用していたという話はよく知られていますよね。食べてよし、塗ってよしのハチミツですが、食べる場合は1日大さじ1杯程度。栄養豊富で整腸作用やダイエット効果も期待できます。スキンケアでは保湿や抗菌などの効果があるので、カサつきがちな冬の時期にもってこいです。

今回はハチミツの美容効果についてまとめていきます!

ハチミツを食べて内側からキレイに!

(1)栄養豊富で即元気に!

ハチミツは天然のサプリメントと言われるほど栄養豊富です。ビタミンやミネラル、アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいます。主成分は果糖やブドウ糖で、これらは素早く体に吸収されるため、食べてすぐエネルギーにすることができます。疲れた時には、コーヒーに一杯加えるだけで栄養価の高いエネルギー補給ができます。

(2)低カロリーで代替甘味料に

古代では薬効を持つ貴重なものとして用いられていたハチミツ。現代では、砂糖の代わりのヘルシーな甘味料としてお菓子などで使われています。ハチミツは砂糖と比べて半分くらいの量で同じ甘さを出すことができ、低カロリーなのでダイエットにもGOOD。また、ハチミツには果糖と同様にオリゴ糖も含まれているので、整腸作用が期待でき、スッキリしたい時にもオススメ。

(3)抗菌力が高く風邪予防にも

風邪の引きはじめに、喉がイガイガするときはスプーン一杯のハチミツを。咳止め炎症を緩和してくれます。

ハチミツの中でも強い抗菌力で知られるのがニュージーランドのマヌカから採られるマヌカハニー。抗菌作用をもつメチルグリオキサール(MGO)を含み、この数値が400以上のものは、医療グレードとして扱われるほどです。

スキンケアでのハチミツの使い方

(1)潤いリップケア

ガサガサのリップケアもハチミツにお任せ。
ハチミツとオリーブオイル数滴を混ぜ、リップに垂らし、ラップでパックします。水分が保持されて艶やかな口元に。

(2)つるんとかかとのケア

カサつきがちなかかとなどボディのケアにも使えます。
ボディクリームやフットクリームにハチミツを混ぜて、ガサガサの部分に塗り、しばらくそのままパックします。15分ほど置いて、拭き取るか洗い流しましょう。

(3)ハチミツ風呂で全身しっとり

ハチミツは入浴剤として使う方法も定番。スプーン1〜2杯をお湯に加えて混ぜます。べとつかずに湯上りしっとり。お好みのエッセンシャルオイルを加えてリラックスしましょう。


ハチミツコスメが人気なように保湿作用が高く美白やアンチエイジングにも効果的なハチミツ。賞味期限が近づいたものをスキンケアに有効利用してもいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。