脂肪を蓄積しにくい体になる!「乳酸菌」の美容&ダイエット効果

年齢とともに変化を実感する点として、「お腹(腸内)の調子」を挙げる人が少なくないですよね。これは腸内の善玉菌が加齢とともに減少していくことが関係しています。

近年、話題の“腸活”ですが、腸内フローラのバランスを整える「プロバイオティクス」が美容・健康のキーワードになっています。腸内の善玉菌が免疫力を高めたり、花粉症を抑えたりすると発見が続いていますが、今回は、もっと基本的な乳酸菌の美容・ダイエット効果に着目してみたいと思います!

乳酸菌の美容&ダイエット効果

(1)便秘改善で美肌に

乳酸菌といえば腸に働きかけるので、一番の効果は便秘を防ぐこと。便秘はダイエットの大敵ですし、便秘は肌荒れにもつながるものです。
乳酸菌による便秘予防でニキビや吹き出物のない美肌になることができます。長い目で見ても、腸が良い状態をキープできると、皮膚の機能が向上し、水分保持力もグンとアップします。これにより加齢による肌ダメージを抑えて、若々しい肌を保つことができます。

(2)ストレスを減らして過食を防ぐ

乳酸菌にはストレスを和らげる効果があることがわかっています。ストレスがあると、睡眠の質が低下したり、過食してしまうことがありますが、こうしたことは体重増加の原因になってしまいます。ストレスが多い時は、乳酸菌を摂取することでこれらのストレスへの悪反応を抑えることができます。

(3)デブ菌を減らして痩せ菌を増やす

乳酸菌のダイエット効果として注目したいのが脂肪の蓄積を抑える効果です。近年、同じ食事をしていても太る人と太らない人がいて、この違いは腸内の「デブ菌」と「ヤセ菌」によるものだとわかってきました。

乳酸菌の仲間であるビフィズス菌には、このデブ菌を増やさない効果があります。お腹にお肉がつきやすいタイプの人は乳酸菌のダイエット効果が効くかもしれません。

(4)心が前向きに!

幸せな気分は仕事にも美容にもプラス以外の何モノでもありませんよね。幸せホルモンといわれるセロトニンは腸で作られるので、腸が整うことで心も安定してくるのです。乳酸菌が腸に良い働きをしてくれることで、ストレスがあっても前向きで、明るくいられる心が整います。

乳酸菌を含む食品は、ヨーグルトやチーズなどのほか、味噌や漬物といった植物性発酵食品もあり、様々な形で摂取することができます。
また、ダイエットにはビフィズス菌BE80株、免疫には R-1などそれぞれに得意分野はあるものの、どの種類でもある程度、上記のような効果は期待できるといいます。菌の得意分野と、自分の目的や体質、食べ物の嗜好の組み合わせで相性の良い菌(食べ物)を見つけて補うのがいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事