夕方までキープ! 化粧崩れせずシミ・ニキビをしっかり隠す方法

ムシムシとして化粧崩れが気になる夏がやってきました。メイクでシミやニキビ跡などをカバーしているのに、汗で取れてしまったという経験ありませんか。せっかく綺麗に肌を作っても化粧が崩れてしまっては台無し。今回は、どうしてもメイクで隠したいシミニキビ跡をカバーする方法を4つご紹介していきます。

(1)コンシーラーを固定する

化粧をするときに、すでに顔に汗をかいている場合、スポットにコンシーラーを使っても定着できない可能性があります。崩れやすくなったり、ヨレ感が出やすくなります。

コンシーラーを使う場合は、きちんと湿気のない肌で固定するのがポイント。コンシーラーを塗る時に肌の湿気をティッシュオフし、コンシーラーを塗ったら乾くまでほんの少し待ちます。

コンシーラーを塗ったら、その周りをトントンとぼかすようになじませ、コンシーラーでカバーした部分はそのままキープするようにします。そしてコンシーラーを塗った上に水分の多いリキッドやミストを重ねないようにします。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っている方はリキッドの後にコンシーラーを用います。

 

(2)コンシーラーを広い範囲で使う

コンシーラーをつける部位によって、汗でファンデーションがとれて残ったコンシーラーが浮いて見えるということもあります。こういう場合は、コンシーラーをスポット的に用いるのではなく、少し広めのゾーンに用いてみましょう。顔の下半分ならスティックタイプ、目元ならリキッドのペンタイプもありますね。広めのゾーンに用いたら、しっかり周りとなじませて、崩れ防止のパウダーを重ねます。

(3)ファンデを重ねて隠す

コンシーラーやリキッドファンデーションが厚塗りだと、ヨレやすく、崩れやすくなります。一つのものを重ねるよりは3アイテムを薄く重ねた方が綺麗に、とれにくく仕上がります。ベースからリキッドで薄くカバーし、パウダーファンデ、パウダーで完璧にカバーするようにします。

(4)強力なコンシーラーを使う

舞台用のファンデやコンシーラーは、一般の売り場ではあまり見かけませんが、こうしたものはどうやっても崩れないようにできているので、汗崩れに非常に強く、特に夏場は一つの選択肢になります。コンシーラーは値段が手頃なものが多いので、専門店で探してみると良いでしょう。


夏でもシミをカバーする方法をいくつかご紹介しました。夏場は普段、化粧直しをしない人も日焼け対策も兼ねて化粧直しをこまめにすると、夕方暑さが落ち着く頃まで美肌をキープしていられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事