敏感肌の人が気を付けたいスキンケアのポイントとは

スキンケアのポイント

肌が敏感になると、化粧水がしみたり、ちょっとした刺激で赤くなってしまったりするため、どんなスキンケアをしたらいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。敏感肌のスキンケアで重要なのは、洗顔と保湿です。この記事では、敏感肌の人が気を付けたいスキンケアのポイントについてご紹介します。

敏感肌の人がスキンケア選びで気を付けたいこと

近年では、ドラッグストアでも敏感肌用のスキンケア用品を見かけるようになりました。敏感肌とは、通常の人と比べ、スキンケアの成分が刺激になって肌がひりひりしたり、赤みを帯びてしまったりしやすくなります。敏感肌に傾くのは、乾燥による肌のバリア機能低下も原因のひとつですが、ハウスダストや花粉などによるアレルギー、食生活の乱れ、ストレス、またはその組み合わせなど要因はさまざまです。夏は気にならないのに、乾燥する季節になると急に肌が敏感になる人もいます。

敏感肌は外からの刺激に弱く、普通の人の肌なら問題にならないような刺激にも過敏に反応してしまいます。そのため、肌になるべく強い刺激を与えないように注意が必要です。
髪の毛が顔周りの肌を刺激しないようなヘアスタイルや、洋服や寝具の素材に気を遣うことも心がけましょう。

また、メイクアップアイテムでも、UVカット効果のある下地クリームやリキッドタイプのファンデーション、クレンジング剤などは、肌へ強い刺激となることが多いので、注意しましょう。

敏感肌の人のスキンケアの重要性

敏感肌のためのスキンケアでポイントとなるのは、清潔と保湿です。
肌が乾燥して荒れた状態になっていると、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が皮膚内に侵入して炎症を起こしやすくなります。アレルゲンの侵入を防ぐためには、皮膚に付いたアレルゲンを除くために肌を清潔に保つことと、肌の保湿ケアが必要になります。

肌の清潔を保つためにもクレンジングや洗顔は欠かせませんが、その行為そのものが肌に刺激を与えてしまうことがあります。
わたしたちの皮膚は、毛穴から分泌されている皮脂膜で覆われることで、外界の刺激から守ったり、水分の蒸発を防いだりしていますが、洗顔し過ぎると、大切な皮脂まで落としてしまい、より敏感肌に傾いてしまうのです。

オイルやふき取りタイプのクレンジング料は、よくメイクが落ちる反面、刺激が強いので注意が必要です。敏感肌の方はミルクタイプやジェルタイプのものを選ぶとよいでしょう。また、できるだけメイクを薄くして、ダブル洗顔をしなくてもすむようにするなどの工夫も必要です。

洗顔の際は、洗顔料を十分に泡立て、肌をこすらないようにすることが大切です。タオルはやわらかな素材を選び、顔をおさえて水分をふき取る程度で十分です。

敏感肌にお悩みの方におすすめのスキンケア

洗顔後は、保湿力の高い化粧水でしっかりと水分を補うケアを忘れずに。保湿ケアでは、単に水分を補うだけでなく「肌から水分が出て行くのを防ぐ」ことと「肌の水分を保つ」ことの、2つを意識して行うことが大切です。

肌の水分を保つには、コラーゲンやセラミド、尿素など、水分保持を助ける効果がある保湿成分を含むスキンケア化粧品を選びましょう。

敏感肌の方は、通常は刺激にならないはずの成分にも敏感に反応してしまうことがあります。そのため、スキンケア化粧品に含まれている成分にも注意が必要です。化粧品は成分が全表示されているので、できるだけ配合がシンプルなものを選ぶのがポイントです。

「敏感肌用」と書かれているからといって、自分の肌に合っているとは限りません。サンプルなどがあれば入手して、一度確かめてから購入するようにしましょう。

まとめ

注意したいのは顔だけではありません。

毎日の入浴やシャワーでも、石けんやシャンプーを使うのは1日1回までとし、洗浄力の強いものは使わないようにすることをおすすめします。石けん類は素早く、肌に残らないよう丁寧に流すことが大切です。
お湯の温度も熱過ぎるのは禁物です。38℃程度の少しぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

肌が敏感になっているときは、保湿を中心にスキンケアアイテムを選ぶことが大切です。使ったスキンケアによってさらに肌トラブルが増えるのであれば、新しいアイテムを探すより、一度皮膚科に相談して、スキンケアアイテムを選ぶことを考えてもよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。