春の紫外線は冬の3倍! 絶対焼けないUV対策法

 

少しずつ暖かくなってくる春は、外に出たくなりますが春の紫外線対策は大丈夫ですか? 春は急激に紫外線が強くなる季節なので、UVケアを怠るとシミやシワといった肌トラブルの原因になってしまいます。
今回は、紫外線量が増える春の美白対策について紹介していきます。

 

油断できない春の紫外線!

shigaisen2

 

柔らかく感じる春の陽気ですが紫外線量は急増し、その量は冬の3倍とも言われます。3月の紫外線量は9月とほぼ同じレベルなので「まだそんなに暑くないから大丈夫」と考えるのはNGです!

 

しかも、冬の間に白くなった肌は紫外線の影響をより受けやすくなっているため、この時期の紫外線は深く大きなシミを作る原因にもなります。

 

さらに、肌の老化の8割は紫外線によるダメージという研究結果も報告されていますので、これからの季節はしっかりとした紫外線対策を行っていきたいですね。本格的に暑くなる前から紫外線ケアを徹底して、美白をキープしていきましょう!

 

春のUV対策は?

shigaisen3
日焼け止めや、UVカット効果のあるフェイスパウダーやファンデーションなどを使用してケアをしていく方法が一般的です。ただ、春は花粉などの影響で肌が荒れる場合もあるため、肌荒れが気になる場合には日よけ帽子や日傘などをプラスして使うのも効果的です。

 

一方で、地面からのはね返る紫外線もあるので、肌荒れをしている場合でもお肌に優しいフェイスパウダーなどだけでもつけておくと、より安心です。

 

レジャーなどで外に長時間いるような場合には、PAやSPFの高い日焼け止めクリームなどをこまめに塗り直すようにしましょう。そして、普段はフェイスパウダーなどの化粧品でケアしていくといったように使い分けをするのがオススメです。

 

日焼けしてしまった場合は……

shigaisen4

 

それでもうっかり日焼けてしまった場合は、肌の熱を取ってあげることが大切です。日焼けしてしまった肌は火傷と同じような状態です。なるべく早くアイスノンや冷やしたタオルなどで冷やしましょう。

 

ほてりが落ち着いたら、刺激の少ない化粧水でしっかりと水分を補います。そして、炎症に効果のあるクリームや保湿効果の高い美容液などで保湿するようにしましょう。

 


暖かくなり気持ちのよい春は、しっかりと紫外線対策をして美白を維持していきたいですね。
キレイな肌で春を思いっきり楽しみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。