医学も取り入れる! シミやソバカスができる原因と徹底予防法

これからの季節、美容において気になるのは、やっぱり紫外線対策。シミソバカスを防ぐために、日焼け止めは欠かせません。ところが、紫外線を防ぐための日焼け止めが、肌の負担になってしまうこともあるのだとか。

そこで今回は、シミやソバカスができる原因と紫外線対策についてお伝えしていきます。

シミ・ソバカスの原因とメカニズム


シミ・ソバカスの原因はさまざまですが、もっとも大きな要因は、やはり紫外線です。肌は、紫外線などの刺激を受けると、細胞を守るために「メラニン」を多く生産しようと指令を送ります。

この指令により、酵素が色素細胞のはたらきを活性化させ、メラニンが大量に生産されます。メラニンをつくる細胞が1か所で増えすぎると、ほかの部位より黒ずみ、シミとして目立ってしまうのです。

シミの原因は、紫外線だけではありません。老化などの肌ストレスで肌のターンオーバーが遅れると、シミは消えにくくなります。ホルモンバランスの乱れ刺激物のとりすぎも、シミ・ソバカスの原因になると言われています。

日焼け止め選びと+αのケア


シミ・ソバカスを防ぐためにまずできるのは、紫外線を防ぐこと。特に、顔まわりのUVケアは重要です。

顔まわりのUVケアには、日焼け止めがマスト。日焼け止めには、無色の「紫外線吸収剤」と、白い「紫外線散乱剤」の2種類があります。「紫外線吸収剤」と聞くと、日焼け防止効果が高いぶん、肌への負担が大きいイメージがあるかもしれません。

いっぽう、紫外線をはね返す「紫外線散乱剤」は、肌への負担が少ないものの、白浮きやベタつきが気になります。最近は、肌への刺激をおさえた「紫外線吸収剤」もあるので、選ぶときに成分をよく確認するといいでしょう。

また、日焼け止めは時間が経つと効果がおとろえてしまいます。日傘やサングラス、UVカット素材の服で、+αの紫外線対策をするのがおすすめです。

 

シミ・ソバカスを防ぐ食生活


西洋医学では、シミ・ソバカスの原因は、紫外線遺伝的な体質だとされています。しかし、東洋医学では、違う角度からシミ・ソバカスにアプローチしていきます。

東洋医学では、シミ・ソバカスの原因は「瘀血(おけつ)」にあるとされます。「瘀血」とは、体内にドロドロの血液が滞った状態のこと。「瘀血」により新陳代謝が低下し、メラニン色素の排泄が滞ると、シミ・ソバカスができやすくなります。

血行をうながして「瘀血」をとり除くには、玉ねぎやセロリのスープがおすすめです。シミ・ソバカスにいいとされるハト麦や、色素沈着をおさえる柿の葉茶もいいでしょう。ひとつだけでなく、複数の食材を組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

 

UVケアと食生活で、シミ・ソバカスを徹底予防


シミ・ソバカスを防ぐには、第一に紫外線対策が大切です。日焼け防止効果の高い「紫外線吸収剤」と、肌への負担が少ない「紫外線散乱剤」、シーンに合わせ、ふたつの日焼け止めを使い分けましょう。

また、シミ・ソバカスの原因は、紫外線だけではありません。ストレスやホルモンバランスの乱れ、カフェインなど刺激物のとりすぎもまた、メラニンの増加につながります。

食生活を見直し、体の負担となるストレスの原因を減らすことは、健康な暮らしの基本です。ライフスタイルを見直すと、シミ・ソバカスの予防になるだけでなく、顔色がパッと明るくなることでしょう。ストレスの少ない生活の継続こそが、美しい心と体をつくります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事