乾燥肌?油性肌? 自分でできる簡単肌タイプチェック

人には合うのに、自分には合わないスキンケアってありますよね? 人には生まれ持った肌質があり、自分の肌質を知ることは肌の悩みやトラブルを解消するのに役立ちます。最低限マストなケアも肌タイプによって変わってきますし、合う化粧品の種類も違うでしょう。肌質には大まかに、乾燥肌油性肌混合肌普通肌の4つがあります。
今回は、肌の特徴とセルフチェックの方法をまとめてみました。

乾燥肌

*皮脂量、水分量が低く、肌が荒れやすい
*カサカサしたり、粉が吹いたりする
*キメが整っていて、毛穴が目立ちにくい

乾燥することでさらに肌荒れを繰り返す乾燥肌タイプは、セラミドやヒアルロン酸などで保湿し、肌力を高めるスキンケアがマスト。
紫外線や摩擦、クレンジングといった肌の負担になることはできるだけ取り除くようにします。

油性肌

*皮脂が多く、鼻筋がテカる
*毛穴が目立ち、ニキビができやすい
*ごわつきやざらつきを感じる

テカリやメイク崩れが気になるオイリータイプの油性肌。皮脂の酸化を防ぐためにもスキンケアは洗顔が第一。そしてTゾーンのスペシャルケアが毛穴やテカリの予防には欠かせません。

ただ、オイリーだからといって保湿を省くと潤いが低下し、肌状態を悪化させることにも。ベタつかずに保湿できる美容液などでざらつきのない肌をキープしましょう。

混合肌

*Tゾーンは油性、頰はドライ
*吹き出物ができやすい
*カサつきと毛穴詰まりがある

顔のパーツごとに乾燥と油性肌が混在するのが混合肌。乾燥しやすいのは目元、頰の上部、口周り、オイリーなのは額や鼻筋ですが、これには個人差があります。

オイリーな部分が多いと乾燥しているパーツに気づかず、ケアを間違えてさらに乾燥を招きかねません。パーツごとのケアで、油性ゾーンは皮脂対策、乾燥しているパーツには保湿をプラスします。

普通肌

*ニキビや肌荒れなど肌トラブルで悩みがない
*洗顔後もつっぱった感じがない
*季節ごとの変化を感じない

皮脂分泌が適度で保湿も良好なノーマルスキンタイプ。肌トラブルがなく、キメも整っています。唯一のネガティブな面は、スキンケアがおろそかになりやすいこと。

間違ったスキンケアや日焼け止めをしないなどを続けると、ある程度の年齢を過ぎた時に、突然シミや肌荒れといったトラブルに見舞われかねません。

セルフチェックの仕方

洗顔後、何もつけずに20〜30分待ってから、肌に触れると今の肌状態がわかります。

つっぱって、乾いているのは乾燥肌、テカリが出てくるなら油性肌、Tゾーンは脂が浮き、頰は乾いているなら混合肌、ベタつきもなくサラサラしているなら普通肌と判断できます。

乾燥肌でも乾燥度合いに差があったり、季節や年齢によっても違ってきます。「自分はこのタイプ!」と思い込まずに、その時の肌質を知って肌に合ったスキンケアをすることが大切ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事

  • 関連する記事はありません。