敏感肌の原因は何? 辛い悩みを解消する方法とは

敏感肌に悩む女性が多いですが、ひと口に「敏感肌」と言っても、その原因によりタイプが分かれています。あなたの肌が敏感になっている原因を見極め、悩みへの対処法を考えていきましょう。

画像1

あなたはどれ? 原因から見る敏感肌のタイプ

敏感肌は、正式な病名というわけではありません。一般的には、少しの刺激でも赤くなりやすく、かゆみやヒリヒリした感じを起こしやすい、デリケートな肌が「敏感肌」と理解されています。角質層のバリア機能が不安定になり、異物が入りやすくなって少しの状態でも皮膚がヒリヒリする状態です。

敏感肌は大きく、体質にもとづくものと、自分で作ってしまうものとに分かれます。

生まれつきの敏感肌体質という人は、ダニや花粉など様々なものにアレルギー反応を起こしやすい人や、アトピー体質の人、肌が薄い人、もともとセラミドの量が少なくて乾燥しやすい人などです。最近は、脂漏性皮膚炎により肌が敏感になっている人も増えていますが、こうした体質にもとづく敏感肌の人は少数派です。

多くの人は、間違ったスキンケア不規則な生活により、自分で敏感肌を作ってしまっています。現代女性に多いのが、間違ったケアにより肌荒れを起こしていたり、乾燥させたりしてしまっているケースです。

肌は乾燥すると、角質バリアが壊れて外部刺激を受けやすくなり、敏感傾向になります。

・クレンジングのときに強くこすっている
・化粧水を塗るときにコットンで強くたたいている
・乾燥しているのに、乳液やクリームを塗っていない
・ピーリングやスクラブを頻繁に使用している
・強い日焼け止めを毎日塗っている
・合っていないのでは? という化粧品を使い続けている

などの方は要注意です。

生理前や寝不足のときなども、肌が敏感になりやすいです。また、季節やストレス、食生活などが関係することもあります。

画像2

敏感肌の人が抱える悩み

敏感肌になると悩まされることのひとつが、化粧品や石けんによる刺激です。肌が外部刺激に弱くなっているため、使うと赤くなりヒリヒリすることがあります。使った後に肌に赤みが出たり、かゆみ、ほてり感、ヒリヒリ感、つっぱり感が出たりなど違和感がある場合は、かぶれる可能性があります。すぐに使用を中止するようにしましょう。

また、化粧品や石けんの使用をやめたり、不規則な生活を改善したりしても、敏感な状態がすぐに治らないことがあります。赤みやかゆみがなかなか収まらない場合は、自己判断で放置せず、皮膚科を受診して医師の診察を受けましょう。

肌が敏感だと、新しい化粧品を試しにくいという悩みを持っている人も多いです。ただ、生まれつきの敏感肌ではない人は、肌を健康な状態に戻すことができれば、新しい化粧品もそんなに怖いものではありません。

自分で敏感肌を作ってしまっている自称「敏感肌」の方のほとんどは、乾燥により角質層のバリア機能が低下している状態です。化粧品の方に原因があって肌にトラブルが起こるのは稀で、たいていは化粧品を受け入れる肌の方に問題があるのです。中には、自分の肌に合わない成分が含まれている化粧品もあるかもしれませんが、基本的には、健康な肌のときに試せば大きな問題にはなりにくいと言えます。

画像3

敏感肌の人が抱える悩み

ケア方法が間違っていて、肌が荒れたり乾燥してしまったりして敏感になっている人は、ケアを見直せば敏感でなくなります。一時的に敏感になっているだけと思われる場合は、過度なケアを中止してそのときを乗り切りましょう。

強い刺激は禁物なので、メイクは薄めに。日焼け止めなどはなるべく使わず、軽めのパウダーや白粉などだけにして、クレンジング剤を使わなくても落とせる程度にします。洗顔をするときはソフトタッチに行い、肌をゴシゴシこすることのないよう注意しましょう。顔にシャワーを勢いよく当てるのもNGです。洗顔後は保湿を忘れないようにしてください。

肌が敏感になっているときは、新しい化粧品を試したり、顔を剃ったりするのも控えた方が良いでしょう。

多くの人の「敏感肌」は、間違ったケアにより肌を傷めてしまっていて、それをやめれば改善することができるものです。敏感肌に悩んでいる方は、是非一度自分のスキンケアを見直してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Auter化粧品





関連する記事