限りない水素の可能性をあなたへ

放っておくとブスになる⁉︎ 夏バテの原因と改善方法

夏バテ、夏ブスしていませんか!?

 

テレビのニュースから最近よく聞こえてくるのが、「例年より暑さの厳しい夏です」というひと言。この大変な酷暑に、みなさん夏バテしていないでしょうか?

 

食べれず、動けず、常に体がだるくて重い夏バテはかかるととてもやっかい。しかし夏バテが引き起こすのは、体の不調だけではありません。「夏ブス」とでも呼ぶべきか、美容面にも夏バテは深刻な影響を及ぼすのです。

 

女性に多い「自律神経×冷え」バテタイプ

naこの夏はもう、バテない老けない疲れない! 簡単“夏バテ・夏ブス”対策

 

夏バテはどうしておこるのでしょうか。女性に多いのが「自律神経×冷え」タイプの夏バテ。これは、暑い外と、空調の効いた涼しい室内を頻繁に行きすることで自律神経のバランスが崩れるために引き起こされます。

 

しかも、女性の夏の装いはとても薄着。乱れた自律神経でクーラーの効いた室内にいればあっという間に体は冷えきってしまうでしょう。ところが、夏だからと冷たいものはたくさん口にするし、旬の食材は当然体を冷やすものばかり。冷えがさらに自律神経を乱すという悪循環のせいで体はどんどん疲弊していってしまいます。

 

自律神経の乱れは、食欲低下はもちろん、下痢に便秘、不眠、疲れやすさ、冷え、ほてり、欝っぽい気持ちさえも招きます。そして冷えきった体は美容の大敵。体温が下がると代謝も下がります。酵素の働きも悪くなり、肌細胞の修復がスムーズに行われなくなります。そうでなくても夏場は紫外線や汗、日焼け止めなど肌への刺激が多い季節なのに、肌細胞の修復が適切に行われずにいれば、お肌の状態は悲惨なことに……。しわやしみ、たるみにくすみに吹き出もの……女は夏に老化するとはよくいったもので、あっという間に「夏ブス」になりかねません。

 

そこで、夏バテを予防するため、そして夏バテから回復するためにも、自律神経を鍛えながら、体を温めてあげましょう。方法は以下の通り。

 

「自律神経を鍛え、体を温め」れば夏バテ知らず!

natubate3

自律神経を鍛えるために行いたいこと

朝日を浴びる/朝40度以上の熱めのシャワーを浴びる/規則正しく睡眠取る/食事は寝る2時間前にはすませる/寝る前のお風呂は40度以下の温めのお湯で/寝る直前のテレビ、パソコン、スマフォはNG/就寝前や緊張状態にあるときに水素水を飲む(※1)

 

体を温めるために行いたいこと

冷たいものはできるだけ飲まず、常温か温かい飲み物にする/夏が旬の野菜や果物などは体を冷やすので食べるなら日中に/お風呂は肩まで浸かる全身浴で10分以上が◎/触ってみてお腹が冷たいようならカイロや湯たんぽなどで温める/日ごろから適度な運動をこころがける

 

ひとつひとつは簡単なことばかりですが、これは夏バテのときはもちろん、常日頃からだの不調を感じている人に試してほしい方法です。自律神経が整い、体が温まると驚くほど元気になります。そして「最近、調子がいいな」と感じるころには、きっと肌ツヤツヤなヘルシー美人になっていることでしょう。

 

水素水と夏バテ

※1水素水は、「グレリン」の分泌促進作作用があります。この「グレリン」は副交感神経にアプローチしてリラックス効果をもたらすホルモン。そこで就寝前や体が緊張状態にあるときなどに摂取することで、自律神経の働きをフォローしてくれます。

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット