限りない水素の可能性をあなたへ

太りにくくなる!? 「グレリン」というホルモンと「水素」の関係

2015.02.13

 

先日アップした、女性ホルモンのお話のつづきです。

 

ホルモンというのは、体内の色々なところで合成・分泌され、微量でも効果を発揮する生理活性物質です。ホルモンバランスが健康・美容に直結すると言っても過言ではありません(女性はバイオリズムでホルモンバランスがかなり変動します)。

 

さて、水素については少し不思議な話がありました。水素は、認知症やパーキンソン病にも有効であることが研究で明らかになっています。しかし、効果が大きかったのでその理由について「水素の抗酸化効果」だけでは、説明がつきませんでした。

 

それで、研究が進められてきましたが、2013年に九州大学と千葉大学の共同研究でそのメカニズムが明らかにされました。

 

水素が胃に届くと、胃からグレリンというホルモンが出て、そのグレリンが脳神経を保護する、というわけなのです。水素を取り入れると「抗酸化」+「保護ホルモン」の驚きのW効果で脳を守ってくれるんですね。

 

水素水を飲んでいると、太りにくくなった体調が落ち着いた、等の体験談があるそうですが……それはホルモン等の影響です。

 

抗酸化と+αの二段構えです。

 

水素には色々な可能性がありますね!

 

 

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット