限りない水素の可能性をあなたへ

老化を止める⁉︎ 活性酸素の脅威と水素の本当の効果とは

エイジングの仕組みを知れば老化に対処できる!?

人間の生命維持に必要なエネルギー源は、細胞の中にあるミトコンドリアという器官が作っています。食事から摂れた栄養素と酸素を反応させて大きな電気エネルギーを生み出し、生きるエネルギーとしているのです。

しかし、このエネルギーを生成する過程で電子がこぼれて酸素と結びつくと、活性酸素が発生してしまいます。特に、過度のストレスにされされたり、急激な運動をしたりして体内に一気に酸素が取り込まれるような状態や、怪我や発熱など、体内で炎症がおきていて、いつも以上にエネルギーを作り出そうとミトコンドリアが無理をしているときに、電子がこぼれやすくなり、活性酸素が多く発生します。

活性酸素を制するものがエイジングを制す

活性酸素

ご存知の通り、強力な酸化力で細胞を攻撃し、ダメージを与える活性酸素は、老化や病気のおおもと。活性酸素が肌細胞を攻撃すれば、美容にもおおきな悪影響を及ぼします。リンゴの切り口が、空気にふれた瞬間から茶色く酸化していくように、放っておけばわたしたちの細胞もどんどん酸化してしまうのです。

 

ではいったいどうしたらいいのでしょう。
例えば、リンゴなら、切り口を変色させないためにレモン汁での色止めという方法があります。これは、レモンの中に含まれる、ビタミンCの抗酸化成分が活性酸素と結びついて活性酸素を還元してくれるため、酸化がストップするという仕組みです。

 

新しい抗酸化物質での新しいエイジングケア

新しい抗酸化物質

同じように人間にも抗酸化成分が有効です。しかし、ここで最近わかった新しい研究結果が問題に…。なんと活性酸素には善玉と悪玉があり、善玉活性酸素は体内で必要な働きをしているため、抗酸化成分の摂りすぎで全てなくしてしまうと逆に体に良くないというのです。

 

そこで、既存の抗酸化物質ではなく、酸化力が強力な悪玉活性酸素にのみ効く、特別な抗酸化成分が求められるようになりました。この条件をクリアするのが、水素の抗酸化作用なのです。水素は強力な活性酸素にのみ作用することがわかっており、おまけに気体の分子のため、体中のどこへでも届いてその役割を果たします。

 

化学式にすると、水素(H2)+活性酸素(2・OH)=水(2H2O)。活性酸素は水素と結びついて水となり、体外に排出されていくのです。

このように、水素水は体内の活性酸素に働きかけます。細胞を傷つける活性酸素が取り除かれるので、病気や老化のリスクがケアされるのはもちろん、肌細胞が老化して起こるしわ、しみ、くすみ、たるみなどの現象にも役立ち、美容への効果も期待できます。前回のコラムでもご紹介したとおり、紫外線を浴びることで大量に発生する活性酸素もケアするので、夏場の紫外線対策の強い味方でもあります。

 

美しくなりたい、元気になりたい。そう思ったら、水素による活性酸素へのアプローチが新しい方法です。ひと足先に、最新のエイジング理論、最新の抗酸化アイテムである水素水を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット