限りない水素の可能性をあなたへ

水素水の濃度って?

水素水を選ぶとき、「濃度」が大事だということをあなたは知っていますか?

濃度なんてイマイチわからない……という方は是非、この記事をご覧くださいね。

飽和水素水は1.6ppmで0.8ppm以上を300~500CCくらい飲むがおすすめです。

水に溶けるガス(気体)は水温が低い程たくさん溶けます。

(不純物や圧力の影響も受けますが、参考までに)

水素だと、

5℃ 1.85ppm
15℃ 1.69ppm
21℃ 1.6ppm
25℃ 1.55ppm
30℃ 1.48ppm
38℃ 1.4ppm
40℃ 1.38ppm
80℃ 0.8ppm
100℃ 0ppm

この性質は不変なので、例えば、ビールのような炭酸飲料では冷やして圧力をかけることで過飽和(飽和以上)になっているため、コップに注いだらシュワシュワと余分な分が追い出されます。

そんなわけで、前回の熱い飲み物を水素水で薄めるなら
基本的に影響を受けないので気にしなくて大丈夫です。

ふーふーと冷まさず、水素水で薄めて飲みやすい温度にするのが、冬はおすすめです。

水素水を選ぶとき、濃度が目安になります。折角ですから、しっかり入っている製品を選んでくださいね。

ではまた!

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット