限りない水素の可能性をあなたへ

敏感肌に保湿が大事な理由と正しいスキンケア方法

 

日常の小さな変化やちょっとした刺激でも肌荒れしてしまう敏感肌。敏感肌を刺激から守るためには、肌の潤いとバリア機能を保つための保湿が欠かせません。保湿方法1つで、敏感肌と上手く向き合っていくことができるのです。

 

今回は、敏感肌に保湿が重要な理由と保湿方法をご紹介します。

 

敏感肌に保湿が重要なワケ

hoshitsu2

 

敏感肌とは、小さな刺激や環境の変化でも肌荒れを引き起こしてしまう不安定な肌のこと。特に、季節の変わり目や生理前は肌が荒れやすく、また肌の修復に時間がかかるのも敏感肌の特徴です。
そんな敏感肌は、乾燥にとても弱く、肌が乾燥しているとすぐに外的刺激を受けて荒れてしまうことをご存知でしたか? 乾燥することで角質層が剥がれたり皮脂が過剰分泌したりと、肌のバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。

 
乾燥とは関係なさそうに見える皮脂の過剰分泌も、実は肌の乾燥が関係しているのです。

 

「マイナスが鍵?」正しい保湿方法

hoshitsu3

 

敏感肌を外部の刺激から守るには、徹底した保湿を行うことが重要。乾燥しやすいのなら、肌を潤いで満たしてあげれば徐々にバリア機能が正常化していき、敏感肌を改善すればいいのです。安定した健やかな肌に戻すことができますよ。

 

クレンジング・洗顔方法

 

顔を洗う行為には刺激となる工程がたくさんあるので、刺激しないことを考えたケアをすれば肌の負担を減らすことができます。

 

最初に気にするべきなのが、クレンジング料の選び方。オイルクレンジングはメイクも落ちやすく手軽ですが、洗浄力が強すぎて敏感肌には過剰な刺激となってしまう恐れがあります。ミルクやクリームなど、できるだけ優しい成分のものを選びましょう。
また、アイメイクは先にポイントリムーバーで落としておくとクレンジングがスムーズですよ。

 

メイクをしていない時の洗顔は、基本ぬるま湯で20回程度洗い流すだけでも大丈夫です。皮脂が気になる場合は、泡立てネットで水分を多く含んだモコモコの泡を使って、擦らずに泡をすべらせるだけの洗顔をしましょう。
水分を拭き取る際は、擦るのではなく撫でるようにするのも忘れずに!

 

洗顔後5分が勝負

洗顔後、頭を乾かしたり歯磨きをしてから保湿を行っていませんか? 肌は洗顔を終えた直後から乾燥が始まっているので、5分以内に必ず保湿するようにしましょう。

 

保湿方法

化粧水は保湿力のある肌に優しい成分のもので、手のひらを使って毛穴に浸透させるように肌を押さえていきましょう。
保湿クリームも、手のひらに塗り広げて少し温めてから肌に乗せてください。ハンドプレスで顔全体を包み込み、気になるところには指先で優しく重ねづけします。

 

肌を保湿する時はついつい肌に塗り込もう指で擦ってしまいがちですが、乗せるだけでもきちんと浸透してくれますよ。

 

毛穴を引き締めるのは保湿の最中

 

よく、洗顔を終えた後に冷水で毛穴を引き締める方がいますよね。しかし、毛穴を引き締めてから保湿を行っても肌の奥まで化粧水が浸透してくれません。

 

肌の引き締めをする際は、化粧水を冷やしたり、クリームの後にアイス枕の冷気を当てるなど、保湿中に行って肌の中に潤いを閉じ込めるようにしましょう。


敏感肌は、毎日のスキンケアで肌の状態が変わります。ぜひ、肌に優しいスキンケアで健康な素肌を保ってください。

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット