限りない水素の可能性をあなたへ

年齢も出てしまう! 手荒れの原因とキレイな手元の作り方

       
           

 

顔だけでなく、手のスキンケアもしていますか? 顔の次に人の目に触れやすい手は、化粧品などで隠すことができません。そのためシミやシワ、年齢などがそのまま出てしまう、とても注意したい場所です。

 

特に、女性は顔の近くに手を持ってくる仕草などをすることも多いため、意外にもしっかり見られています。ケアの行き届いたキレイな手元は、その人の清潔感美意識の高さを相手に伝え、女性の魅力を最大限に演出してくれます。

 

手が荒れる理由

hand2
手が荒れる2つの大きな原因は「水に濡れること」「日に焼けること」です。

 

洗い物や洗顔、手洗いなど水に濡れる機会の多い手は、手についた水分と一緒に手の水分までも蒸発してしまい、とても乾燥しやすい部分です。熱いお湯に触ると皮脂が落ちすぎ乾燥が進んでしまいますし、冷たいと血行が悪くなってしまう恐れがあります。そのため、手を洗う、洗い物などをする際は「ぬるま湯」にすると良いでしょう。

 

そしてもう一つの大きな問題は「紫外線」です。

 

「どうせすぐ取れちゃうし……」と手に日焼け止めを塗らない人も多いかもしれませんが、とても日焼けしやすい部分です。運転中にはハンドルを握る手の甲に強い紫外線が当たりますし、レジャーなどでも手は紫外線に直接晒されています。

 

手の紫外線ケアを怠るとシミやくすみの原因になるだけでなく、皮膚の老化を促進させてしまい手はどんどん年老いて見えてしまいます。

 

保湿とUV対策

hand3
キレイな手を保つために大切なのは「保湿」と「UV対策」が必要です。

 

保湿は、顔に使っている化粧水や乳液・美容液などのケアをそのまま使ってOKです。必ず手の甲までしっかり塗り込み、朝と夜など洗顔後の顔のスキンケア時一緒に手のケアも取り入れていくと良いでしょう。
水に触ると手は乾燥しやすくなってしまいます。水気に触った後は水分をタオルでよく吸い取りハンドクリームなどでケアをしてあげるのも手の保湿にとても効果的です。

 

そして、手のUV対策は日焼け止めを塗るのが一般的ですが、手を洗ったりした場合は塗り直すことが必要になってきます。水によく触るような場合にはウォータープルーフタイプの日焼け止めクリームなどを利用すると良いでしょう。

 

また、日焼け止めによる肌荒れなどが心配な場合には、UVカット仕様の手袋などを使用するのも非常に効果的です。

 

日々のお手入れで、顕著に差が出てしまう「手」のケア。キレイで清潔感のある手は、男性の心をギュッと掴むのにも役立つかもしれません。美しい手で、みんなより一段階魅力的な女性になってみませんか?

                                       

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット