限りない水素の可能性をあなたへ

天気と月が鍵を握る⁉︎ 「今日の私、可愛くない……」 その理由!

「今日の私、可愛くない……」のはもしかして天気のせい!?

肌の調子がイマイチ、顔や体もむくみ気味で可愛くない……。いつもより可愛くないだけじゃなく、頭が痛かったり眠かったり。風邪をひいているわけでも寝不足でも前日に飲みすぎたわけでもないのに、なんでこんなに調子が悪いんだろうと不思議に思うことはありませんか。
もしかしたらそれは、天気のせいかもしれません。なぜなら人間のほとんどは水分。そのため、気圧が下がれば水分が膨張して体がむくみやすくなります。また、月が満ちて真上に来れば、その引力で頭に血が上りやすくなるといわれることも。このように、気圧の変化や月の満ち欠けが知らず知らずのうちに心身に影響を及ぼしているからなのです。健康な人ならば、この変化に合わせてコンディションを調整することができるので、あまり不調を感じることもないかもしれません。しかし、健康に問題があったり、冷え性だったりして自律神経が弱っていたら……。

 

最初に書いた通り、今日はなんとなく可愛くない。頭が重い。一日中眠い。などといった症状に、雨が降る前、気圧が下がっているときに悩まされるようになるのです。

 

気圧が下がるとからだはどうなる!?

天気と月が鍵を握る⁉︎なんとなく可愛くない日の “その理由”!

では具体的に気圧の変化がどのように体への影響を与えるのか、そのメカニズムをみてみましょう。
まず、気圧が下がるときというのは、簡単にいうと、温められた水分や空気が上空にのぼっていってしまって、空気が少なくなった状態のこと。その後、蒸気は上空で冷やされ、雨となって降ってきます。気圧が下がっているとき=雨の前は、人間の体の中の水分は圧力の低い外側に向かって膨張しようとするので、血管が拡張し、顔や体がむくむのはもちろん、血管の拡張に伴い、頭痛や喘息の症状が出やすくなります。また、気圧が下がったことを感知した人間の体は副交感神経を優位に働かすので、眠気を感じたり、疲れやすくなったりします。

 

この体の変化は気圧が急激に下がるときほど、また自律神経が弱っている人ほど強く感じやすくなります。対処法としては、自律神経を鍛えるしかありません。体を冷やさないようにし、睡眠をたっぷりとって体を心地よい状態に整えてあげましょう。

 

月の満ち欠けと連動する女性のからだ

天気と月が鍵を握る⁉︎なんとなく可愛くない日の “その理由”!

月の満ち欠けもまた体に影響を与えています。「月のもの」「月経」といわれるとおり、とくに女性の生理周期と月の満ち欠けのシンクロは古くから指摘されている通り。新月に生理がはじまり、満月に排卵するようなバイオリズムを持つ女性も多いのではないでしょうか。

 

また、頭に血がのぼりやすくなるのか、満月時には犯罪発生率が高まるという説も。農作物の収穫においても、例えば大根では、満月と新月では水分量が異なるので、みずみずしいものが欲しければ新月に収穫すべきという言い伝えがあるほど。潮の満ち引きと同様、体内の水分も月の影響を受けるのでは、と考えられているのです。

 

月齢ごとの心身の特徴とおすすめスキンケア

・新月……デトックス期。水分をたっぷりとること。肌も乾燥しやすいので保湿をこころがけて。心の中は穏やか。

・上弦の月……心身ともに成長のとき。バランスのとれた良質の食事が必要。スキンケアは美容液や保湿パックなど贅沢なケアが◯。

・満月……感情はたかぶりやすく体は吸収しやすい。体重増加や肌荒れに注意。水分も栄養もたっぷり与えるスペシャルケアを。

・下弦の月……浄化作用が強まる時。岩盤浴やマッサージでデトックスを。スキンケアはスクラブが◯。重めのケアは避けること。


原因不明の不調の時は、ぜひ天気や月を気にしてみてください。解決のヒントがあるかもしれません!

 

関連記事

Auter Online Store Auterスタッフブログ トライアルセット